医療脱毛ランキング

【口コミ】ヒゲの医療脱毛は痛いってホント?実際の口コミと痛みを軽減する方法をご紹介!

ヒゲ脱毛は痛いというイメージがある人も多いでしょう。ヒゲ部分は皮膚が薄く、太くて濃い毛が密集している部位だけに、実際は脱毛時に痛みはあります

そのため、ヒゲ脱毛をしたいけど痛みが不安で始められない・・・と思う方も少なくありません。

この記事では、ヒゲ脱毛はどうして痛いのか、実際にヒゲ脱毛をした人の体験談や痛みを軽減させる方法についてご紹介します。

ヒゲ脱毛について詳しく知ることで不安は払拭できるので、最後までお読み頂き参考にしてください。

【必見】ヒゲ脱毛は痛い!その理由を徹底解説!

【必見】ヒゲ脱毛は痛い!その理由を徹底解説!

ヒゲ脱毛が痛い理由を知って、少しでも痛みを軽減できるようにしましょう。ヒゲ脱毛が痛い理由は主に2つです。

  • 皮膚が薄く毛が濃いため
  • 細かい神経が通っているため

口周りは皮膚が薄くヒゲは体毛の中でも特に太く濃いため、痛みが出やすいですね。ヒゲ脱毛の部位の中でも、痛みが出やすいところとそうでないところもあります。また、細かい神経が通って敏感な部位でもありますね。

では、ヒゲ脱毛が痛い2つの理由について、さらに詳しく見ていきましょう。

皮膚が薄い・毛が濃いため

ヒゲ脱毛は4~5部位に分かれていますが、その中で最も痛いのが「鼻下」です。鼻下は毛が密集しているだけでなく皮膚が薄いため、神経が刺激されやすいので痛みが出ます。

次に痛いのは「あご」です。あごも皮膚が薄い上に毛が密集しているので痛みはありますが、鼻下ほどではありません。

「頬やもみあげ」周辺の産毛のような細い毛は痛みが少ないですが、頬まで太い毛が生えている方は痛みがあります。あごと同じ位の痛みです。

フェイスラインの毛は骨に近いため、毛の太さに関係なく、やや痛みはあります。

皮膚が薄く太くて濃い毛が密集している部位は痛みが強く出るため、特に鼻下の毛の痛みを我慢できれば、他の部位の痛みは心配ないでしょう。

細かい神経が通っているため

顔には多くの細かい神経が通っており、脳にも近いため外部からの刺激に対して敏感になっている部位です。

ヒゲは顔の大事な部分を守るために生えているので、毛の生えている箇所は敏感な部位でもあります。

特に鼻の下には細かい神経が集中して敏感な部位なため、脱毛の照射時には痛みが強く出ます。よく鼻の下だけ汗をかく人がいますが、緊張や不安を感じる時などに自律神経の関係で鼻の下に汗をかきます。それだけ神経が集中している部位なので、外部からの痛みが脳にダイレクトに伝わりやすいです。

緊張感の高い方や内面がデリケートな方は、照射前から意識しすぎてしまって余計に痛みを感じることもあるため、リラックスすることが大切です。

【口コミ】ヒゲ脱毛した人の体験談まとめ

【口コミ】ヒゲ脱毛した人の体験談まとめ

実際にヒゲ脱毛を受けた方の口コミを見てみましょう。麻酔をした人としなかった人の2つです。

麻酔は脱毛クリニックや美容皮膚科の脱毛コースなどの医療機関で使えます。別料金はかかりますが、ヒゲ脱毛の痛みが心配な方や、一度脱毛したけど耐えられなかったという方が使っています。

お金を払ってまで麻酔を使う効果はあるのでしょうか?使った場合と使わなかった場合の痛みの違いなどについての口コミを集めました。

麻酔をしなかった人の口コミ

ジュンイチ
ジュンイチ
ヒゲ脱毛はかなり痛いし、変な汗が出ますが数分のことなので耐えています。麻酔を使うなら追加料金にかけたいです。
コウセイ
コウセイ
鼻下が特に痛いですが、麻酔するほどではありませんでした。始めは痛いけど段々毛が細くなるから痛くなくなると言われましたが、行くごとにレベルが上がるので痛みはずっと変わりません。
カズヤ
カズヤ
ヒゲが濃いのでかなり痛いですが、数日後にポロポロ抜けて効果を感じるので、痛みと効果を天秤にかけると効果の方が上回るので頑張れます。

ヒゲ脱毛は痛みを感じない人はいないようですね。麻酔を使わない方は痛みに耐えながら受けているようです。

麻酔は別料金というところがネックになっているようです。脱毛費がかかる上にさらに麻酔代までかかると想定していなかった方には厳しいかもしれません。

麻酔をした人の口コミ

タイシ
タイシ
初回から麻酔を使っています。最初に照射してもらった時に思った以上に痛すぎて、すぐに笑気麻酔を使わせてもらいました。皮膚の感覚が鈍ってフワフワしているうちに終わってよかったです。
タカユキ
タカユキ
鼻下の痛みが耐えられずレベルを下げてもらいましたが、やっぱり痛かったので2回目から塗る麻酔を使っています。もう全然痛みが違います。レベルを下げるくらいならお金を出してでも麻酔を使って、レベルを上げた方が効果が高くなる気がします。
ナオト
ナオト
ヒゲが濃くて太いので痛みは覚悟していましたが、予想を上回る痛みです。すぐに麻酔を使ってもらいました。笑気麻酔も塗る麻酔もしましたが、塗る麻酔の方が効果は高いです。でも笑気麻酔の方が気持ちいいのでこちらを使っています。

麻酔を使うと痛みを感じずにヒゲ脱毛が受けられるということですね。

照射レベルを下げると痛みは減りますが、その分脱毛効果は下がってしまうので、お金を出してでも痛みを緩和して脱毛効果を上げたい方には麻酔が向いているようです。

痛みを感じやすい人の特徴とは?

痛みを感じやすい人の特徴とは?

ヒゲ脱毛で痛みを感じやすい人の特徴をご紹介します。

  • ヒゲが濃い人
  • 緊張しやすい人
  • 皮膚が薄い人

3つの中でどれかに当てはまる人は特に痛みを感じやすいです。同じように見えるヒゲでも、毛質や肌質によって痛みには個人差があります。

緊張感から痛みを感じやすいという、内面的なことも痛みに繋がることもありますね。痛みを感じやすい人の特徴を知ることで、痛みを軽減できる方法も変わってきます。

それぞれの詳細について見ていきましょう。

ヒゲが濃い人|メラニン色素が多く反応しやすいため

ヒゲが濃い人は特に痛みを感じやすいです。ヒゲは他の部位と比べても太くて濃く、毛根の根が深い毛です。

脱毛は、毛の黒い部分のメラニン色素に光やレーザーを照射し、毛根組織まで熱を伝えてダメージを与えます。そのため、ヒゲはメラニン色素が濃くて太いため熱が伝わりやすいです。その上密集して生えているため痛みが強く出ます。

また、ヒゲは濃くて太いなどの特徴があるため、照射レベルも他の部位より上げて高い出力で照射することがあります。低い出力では脱毛効果が下がったり、回数がかかってしまいます。

そういったことから、ヒゲ脱毛は他の部位よりも痛みが強く出やすいです。レベルを下げて照射すれば多少痛みは緩和されますが、脱毛効果が下がってしまう可能性もあるため、あまりおすすめできません。

緊張しやすい人|緊張により痛みへの集中が高まるため

緊張しやすい方や、ヒゲ脱毛をする前から「痛かったらどうしよう・・・。」「痛いのは嫌だ。」と不安に思っていると、余計痛みを感じることがあります。

鼻の下は神経が多く通っている部位であるため、不安やストレスを感じると、自律神経の関係で鼻の下に汗をかきやすい人もいます。情緒的・精神的刺激によるもので、そういった方は痛みを敏感に感じることが多いです。

脱毛に行くことや、痛みに対して過剰に反応してしまうと痛みを強く感じることがあります。行く前や脱毛中は別のことを考えたりして、気を紛らわせるようにするといいでしょう。

施術中はスタッフの人に一方的に話してもらったり、流れているBGMに集中したりなどして気をそらし、考えないようにしてみましょう。

皮膚が薄い人|神経がダイレクトに痛みを感じてしまうため

皮膚が薄い方は痛みをダイレクトに感じやすいです。皮膚が薄い分神経に痛みが伝わりやすくなるからです。

皮膚が薄いと骨にも近くなるため、照射時の衝撃が伝わりやすいので、フェイスラインやあご下の脱毛も痛みが出やすいです。

皮膚の薄さは自分ではわかりにくいですが、顔の中でも特に皮膚が薄い目の周りの血管が透けて見えやすかったり、乾燥しやすい方は皮膚が薄いことが多いです。

肌質に合わせて照射するレベルは調整しますが、色白でヒゲの濃い方も光やレーザーが反応しやすいので痛みが出ます。

皮膚の薄い方は脱毛リスクも高まる傾向があるので、肌トラブルを防ぐために事前に相談をしておいた方がいいでしょう。

【最新版】痛みを軽減する5つの対策

【最新版】痛みを軽減する5つの対策

ヒゲ脱毛の痛みを軽減させる5つの方法をご紹介します。

  1. 麻酔を使う
  2. メディオスターで脱毛する
  3. 保湿を徹底する
  4. 光脱毛から始めてみる
  5. 生活習慣を整える

ヒゲ脱毛効果の高い、医療レーザー脱毛を前提に軽減する方法をご紹介します。

物理的に痛みを緩和させる方法から、自分でできる方法まであります。自分に合った方法をみつけて少しでも痛みを感じないヒゲ脱毛を受けて下さい。

それではひとつずつ見ていきましょう!

対策1:麻酔を使用しよう

まず一つ目が麻酔を使うことです。クリニックなどの医療機関なら麻酔を使って脱毛が受けられます。麻酔は主に2種類あります。

  • 表面麻酔
  • 笑気麻酔

表面麻酔は塗る麻酔のことで、照射する部分に麻酔クリームを塗ってラップをし、30分~1時間経つと顔表面の神経が麻痺して感覚が鈍ってきます。照射前に塗るため、使いたい方は事前に予約が必要です。局所麻酔なので効果が高く、1時間ほどで麻酔効果はなくなり元の状態に戻ります。

笑気麻酔は笑気ガスを吸う方法で、吸い始めて数分でお酒を飲んで酔った時のよなフワフワした感覚になるので、痛みを感じにくくなります。ただし、笑気麻酔は車で来ている方は使用できません。また、稀に気分が悪くなる方もいるので体調のよい状態で使用しましょう。

麻酔は確実に痛みを軽減できる方法なので、医療レーザー脱毛を痛みを感じずに受けたいという方におすすめです。別料金でどちらの方法も3,000円くらいになります。

対策2:メディオスター導入のお店を選ぼう

脱毛クリニックなどの医療機関で扱われる脱毛器は、医療レーザー脱毛で高出力のレーザーを照射できます。数種類ある医療レーザー脱毛器の中でも「メディオスター」という脱毛器がおすすめです。

メディオスターはメラニン色素に反応させる脱毛方法とは違い、毛根組織より浅い部分にある「バルジ領域」という、発毛する指令を出す部分に熱を与えて脱毛する方法です。

発毛する前の毛が種の段階に照射するため、メラニン色素に関係なく太い毛も細い毛もどんな毛にも対応できます。

また、毛根の根までレーザーを届ける必要がないので、低出力の温度で照射し、ジワジワと熱を与えて脱毛します。60~65℃くらいの熱のため、肌がじんわりあたたかい程度です。

ショット式のレーザーではないので、肌をなでるように連続照射するためバチンバチンという照射するごとの痛みは感じません。

全く痛みがなくなるわけではありませんが、麻酔を使わずに少しでも痛みを軽減させたい方には、メディオスターでの脱毛がおすすめです。

対策3:保湿を徹底しよう

対策3:保湿を徹底しよう

脱毛期間中の肌のコンディションを整えることでも、脱毛の痛みを軽減できます。脱毛後は肌内部の水分が不足して乾燥しやすいため、保湿をしっかりしましょう。

乾燥している肌は敏感になっているため、外部からの刺激に過剰に反応しやすいです。そのため、脱毛後だけでなく、通っている間の保湿ケアは欠かせません。普段スキンケアをしない方でも、朝晩クリームだけは塗るようにしましょう。保湿すると肌も毛質も柔らかくなるので、シェービングもしやすいです。

また、肌が乾燥していると毛根までレーザーが届きにくいので、脱毛効果が下がってしまう可能性もあります。

1回1回の脱毛で十分な効果を発揮させるために、日ごろから徹底的に保湿してお肌の調子を整えられるようにしていきましょう。

対策4:光脱毛からはじめてみよう

ヒゲ脱毛の痛みが心配な方は、光脱毛から始めてみるのもおすすめです。光脱毛の方が医療レーザー脱毛よりも出力が低いので痛みは少ないです。

光脱毛で全体の毛量を減らしてから、仕上げに医療レーザー脱毛に切り替えれば、ある程度毛量が減って薄く細くなっているので痛みを軽減できます。

脱毛サロンの後に脱毛クリニックに通うことになるので、費用がかさんでしまいそうですが、多くの脱毛クリニックでは「乗り換え割り」を導入しています。

他店で契約していたことがわかる会員証や契約書を提示するだけで割引になるキャンペーンです。また、光脱毛の方が医療レーザー脱毛よりも安くできます。

麻酔代をかけるなら、光脱毛で痛みの少ない脱毛をして、その後に医療レーザー脱毛にするというのもひとつの方法です。すでに毛量が減って毛も細くなっている状態なら、医療レーザー脱毛は少ない回数で済みます。

対策5:飲酒を控え十分な睡眠をとろう

生活習慣を変えて体調を整えることで、脱毛時の痛みを軽減できることもあります。

飲酒習慣のある方は、飲酒すると体温が上がって赤みが出やすくなったり、水分が不足して肌が乾燥しやすくなることがあります。

乾燥すると肌が敏感になるので、脱毛時に痛みを感じます。脱毛後の飲酒は控えた方がいいですが、脱毛前の飲酒も避けて体調と肌の状態を整えておきましょう。

また、睡眠不足はホルモンバランスが乱れて痛みを感じやすくなることもあります。脱毛リスクも高まるので、脱毛前日には早めに就寝して体調を整えておいてください。

脱毛に行くことの緊張感で眠れなくなる方もいますが、寝不足で体調がすぐれないときは、事前にスタッフに伝えておいた方が安心です。

まとめ|自分に合った方法でヒゲ脱毛の痛みを軽減!

まとめ|自分に合った方法でヒゲ脱毛の痛みを軽減!

ヒゲ脱毛の痛みの原因や、痛みを軽減する方法についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

原因や対策方法を知っておけば、ヒゲ脱毛の痛みはそれほど恐れることではありません。痛みがあるからとヒゲ脱毛を断念するのはもったいないことです。

痛みと引き換えに、脱毛後にはヒゲがなくなってスベスベになり、ヒゲ剃りから解放された生活が待っています。

麻酔とメディオスターを使うことが一番効果的な組み合わせですが、痛みを少しでも試してみたい方は、無料でカウンセリングとテスト照射を行っています。

ヒゲのテスト照射を行っているところは少ないので、試しに1回コースを低いレベルから照射してもらい、実際に体験してみてはいかがでしょうか。