脱毛によるトラブル

脱毛後に毛嚢炎ができるってホント?できた時の対処法とできない為の対策を徹底解説!

ヒゲ脱毛をするとニキビができるという話を聞いたことはありませんか?実はニキビではなく、毛嚢炎かもしれません。

毛嚢炎は白ニキビに似ているのでよく間違われてしまいますが、ニキビとはできてしまった原因も対処方法も違います

この記事では、毛嚢炎について詳しく解説し、改善方法や対策方法をご紹介します。

ヒゲ脱毛したいけどニキビができやすい肌質だから心配・・・という方も諦めず、原因と対策を知れば大丈夫ですよ!

それでは見ていきましょう。

毛嚢炎って?脱毛後にできるブツブツした炎症のこと

毛嚢炎って?脱毛後にできるブツブツした炎症のこと

「毛嚢炎(もうのうえん)」とは、毛根部に菌が入り込んで起こる炎症で、細菌感染部に膿が溜まって白いニキビのようになったり、虫刺され後のような赤いブツブツができます。

脱毛リスクとして毛嚢炎ができてしまうことが挙げられます。脱毛時に熱を照射することによって、肌のバリア機能が低下しいるときに起こりやすいです。

また、ニキビと原因菌が違うので、ニキビと同じように治療をしても治りません。毛嚢炎用の化膿止め薬が必要です。

間違った治療や放ったままにすると、ひどくなると化膿して治りにくくなったり痛みや発熱を伴うこともあります。毛嚢炎について正しく理解し、対策できるようにしておきましょう。

なぜ起きるの?気になる原因と毛嚢炎ができやすい部位

なぜ起きるの?気になる原因と毛嚢炎ができやすい部位

それでは、毛嚢炎はなぜできてしまうのでしょうか?毛嚢炎ができる原因と、できやすい部位を知ることで事前に対策ができますね。

毛嚢炎は、ニキビとは原因菌が違うことがわかりましたが、毛嚢炎の原因菌とは一体何でしょう。

気になる毛嚢炎ができてしまう原因とできやすい部位や肌環境、毛嚢炎を防ぐおすすめのセルフケアの方法について、詳しく見ていきましょう。

今まで毛嚢炎をニキビだと勘違いしていた方や、毛嚢炎を繰り返す方はしっかりチェックしてくださいね。

ブトウ球菌が感染!脱毛により皮膚のバリア機能が低下…

毛嚢炎ができる原因は、毛穴の奥で毛根を包んでいる毛包の部分に「ブドウ球菌」が感染することによって起こります。

脱毛では高温の熱を照射するため、一時的に外部からの菌の侵入を防ぐバリア機能を下げてしまいます。そのため、弱っている肌の毛穴に菌が侵入すると、炎症を起こしやすくなる状態になっているからです。

その時の体調や肌のコンディションにも左右されますが、慢性的な皮膚疾患を持っていたり、人混みや空気の汚れた環境で過ごすことが多い方は、通常よりも毛嚢炎になりやすい傾向にあります。

脱毛期間中は、毎日のヒゲ剃りも丁寧に行い、肌を傷つけないように気を付けながら行ってください。面倒に感じるかもしれませんが、ヒゲ脱毛が完了するまでは継続していきましょう。

ヒゲやワキなど!体毛が太いところに発生しやすい

脱毛によってできる毛嚢炎は毛の太い部位にできやすいです。

  • ヒゲ
  • ワキ
  • 陰部

体毛が太い部位は、汗をかきやすい部位と外部から刺激を受けやすい部位のため、特に毛嚢炎が現れやすいです。

脱毛前には自己処理してきてもらいますが、カミソリではなく電気シェーバーをおすすめします。自己処理の繰り返しも肌にとっては刺激になっています。電気シェーバーは刃がガードされているので肌を傷つけることなく、毛だけをカットします。シェービング後と脱毛後は清潔に保ち、保湿を欠かさないようにしてください

毛抜きでの処理はNGです。毛嚢炎のリスクが高まることと、毛根がないと脱毛効果がなくなってしまうため、使わないようにしましょう。

自分で治せるの?毛嚢炎ができた時の3つの対処法

自分で治せるの?毛嚢炎ができた時の3つの対処法

毛嚢炎ができてしまった場合、自分で治せるのでしょうか?3つの対処方法をご紹介します。

  1. 肌を清潔にする&しっかり保湿ケア
  2. 状態によっては薬で治療を!市販の薬を紹介
  3. 医師による診察!さらに悪化するのを防ごう

普段からできることや、市販薬をご紹介しますまた、自分では判断できない場合は医師の診察を受けて正しい処置をしてもらうことも選択肢に入れておいてください。

それでは見ていきましょう。

① 肌を清潔にする&しっかり保湿ケア

お肌を清潔にして保湿することは、脱毛後でも毛嚢炎を防ぐためにも大切です。

脱毛後は肌が乾燥してデリケートになっているため、肌トラブルが起こりやすいです。乾燥を防ぐためにも常に保湿を心がけて、脱毛後2週間は続けてください

保湿剤は低刺激の敏感肌用がおすすめです。化粧水だけでは乾燥してしまうので、ベタつきの気になる方は乳液だけでも用意しておきましょう。

また、脱毛した部位は菌の繁殖を防ぐために清潔に保ちましょう。特に夏場などの汗をかきやすい時期は難しいですが、こまめにシャワーを浴びたり、ボディシートでふき取るなどして汗を取り除くようにしてください。

普段使う電気シェーバーや枕カバーなども清潔なものを使うようにしましょう。

② 状態によっては薬で治療を!市販の薬を紹介

毛嚢炎ができて化膿してしまったり、清潔にしていてもなかなか治らない場合は、市販の薬を使ってみましょう。

市販されている3つの外用薬をご紹介します。

  • ドルマイシン軟膏(ゼリア新薬工業株式会社)
  • クロロマイセチン軟膏(第一三共ヘルスケア株式会社)
  • フルコートf(田辺三菱製薬株式会社)

ドルマイシン軟膏は非ステロイドで、クロロマイセチン軟膏とフルコートfはステロイド(抗生剤)です。ステロイドは使うことに抵抗のある方もいますが、短期間で化膿を止めるため悪化を防げます

また、毛嚢炎が治らないうちは脱毛ができないため、化膿が治まるまでと割り切って最長でも1週間位の使用に留めれば、さほど肌への悪影響はありません。

毛嚢炎ができてしまった場合は、市販薬で治すことも検討してみてください。

③ 医師による診察!さらに悪化するのを防ごう

毛嚢炎ができてしまった場合、どのように処置したらよいか判断できない時は、医師による診察を受けた方がいいでしょう。

皮膚科では化膿止めと、ひどい場合は飲み薬を処方してくれます。内側と外側からの治療となるので早い改善が見込めますね。

また、毛嚢炎になるか心配な方は、クリニックでの脱毛をおすすめします。脱毛クリニックや美容皮膚科の脱毛コースです。

クリニックなので医師が在中しているため、毛嚢炎ができたらすぐに対処してくれます。治療代も脱毛費に含まれていることが多いので、わざわざ他に診察に行って治療費がかかることもありません。

毛嚢炎ができたらすぐに連絡すれば大丈夫です。次回の脱毛からレベルを調整したり脱毛機を変えたりなどの対策を取ってくれます。

知っておきたい!毛嚢炎ができない為の3つの対策

知っておきたい!毛嚢炎ができない為の3つの対策

毛嚢炎を作らないために、自分でできる3つの対策方法をご紹介します。

  • 自己処理の方法やアイテムに気をつける
  • 肌を清潔な状態に!夏場の汗には注意する
  • 乾燥は肌の大敵!脱毛中は特に保湿を心がける

毛嚢炎ができてしまう原因を理解したところで、次に自分でできる対策も行い、未然に防いでいきましょう。

対策は、毛嚢炎予防に限らず脱毛期間中は誰でも注意したいことです。それでは見ていきましょう。

① 自己処理の方法やアイテムに気をつけよう!

自己処理にはどのようなアイテムをお使いでしょうか?カミソリや毛抜きは安く手軽に手に入って使いやすいですが、自己処理にはNGです。

カミソリはI字やT字の2枚刃などありシェービングしやすいですが、よく剃れるが故に肌を傷つけてしまいます。また、毛抜きは太い毛を抜くのに向いていますが、毛穴に負担がかかります。

ちょっとした傷からブドウ球菌が侵入して毛嚢炎ができてしまうため、ムダ毛処理アイテムは重要です。

普段の処理には電動シェーバーがおすすめです。ヒゲは硬いためヒゲ用のシェーバーを使いましょう。シェーバーなら肌を傷つけることなく処理ができます

使い終わった後も洗ってしっかり乾燥させて、清潔に保つようにしましょう。

② 肌を清潔な状態に!夏場の汗には要注意!

脱毛期間中は肌を清潔に保つことを心がけてください。特に夏場の汗には要注意です!汗には雑菌が多く、多湿の部位は繁殖しやすいので毛嚢炎ができる原因にもなってしまいます。

汗をかいたらこまめに拭き取ったりシャワーを浴びて、清潔にしましょう。出先ではボディシートを使うことをおすすめします

しかし、メンソール配合のボディシートはスースーした清涼感が気持ちいいですが、肌への刺激があります。メンズ用はメンソール配合の商品が多いため、女性用を選ぶことをおすすめします。

拭き取る時もゴシゴシ擦らないようにして、体を拭くような感じでお使い下さい。臭いの予防にもなり、さっぱりして気持ちいいですよ。

③ 乾燥は肌の大敵!脱毛中は特に保湿を心がけよう!

脱毛した後の肌は、肌内部に熱がこもり火照っています。水分が蒸発しやすいので乾燥しやすく、普段よりもデリケートです。

刺激を受けやすい時期なので、脱毛後2週間は保湿を心がけるようにしてください。できれば継続した方が乾燥も防げて美肌効果も期待できますよ。

乾燥した肌は肌代謝(肌の生まれ変わるサイクル)も遅くなってしまい、毛の生え変わる毛周期にも影響します

低刺激の保湿剤で保湿してお肌を乾燥から守りましょう。脱毛期間中に限らず、保湿ケアを習慣化すると乾燥によるシミやシワを防げます。

デメリットはほぼないので、保湿を継続して損はしませんよ。また、紫外線の気になる季節になったら、紫外線対策も行っていきましょう。

サポートも充実!おすすめのクリニック3選

サポートも充実!おすすめのクリニック3選

脱毛するなら、医療サポートがあるクリニックでの脱毛がおすすめです。毛嚢炎ができてもすぐに処置して、必要ならば薬の処方もしてくれます。

クリニックでは医療レーザー脱毛が受けられます。高出力のレーザーが照射できるため、太くて濃い毛に効果的です。

脱毛クリニックを3つご紹介します。

  1. メンズリゼ
  2. 湘南美容クリニック
  3. メディエススキンクリニック

それぞれのクリニックの特徴、脱毛料金プランと脱毛回数をご紹介します。

1位 メンズリゼクリニック|3種類の脱毛機で対応!

全身脱毛月々3,000円メンズリゼクリニックでは3種類の脱毛機を導入しているため、波長の異なるレーザーでどんな毛質や肌質にも対応できます。

毛嚢炎ができても脱毛機を変えたり、照射レベルを調整して肌への負担を減らしながら、脱毛効果が出るようにしてくれるので安心ですね。

また、医療機関なので医療サポートが充実しており、初診料・処置費用・薬代は全て無料毛嚢炎の他にも脱毛リスクで起こりやすい硬毛化や増毛化にも対応してくれます。

ヒゲ
  • 3部位1回 24,000円
  • 3部位5回 68,800円
  • ヒゲ全体1回 30,800円
  • ヒゲ全体5回 91,800円
VIO
  • 1回 30,800円
  • 5回 92,800円
全身
  • 1回 79,800円
  • 5回 248,000円

メンズリゼの公式サイトはこちら

2位 湘南美容クリニック|安く医療レーザー脱毛が可能!

オトコの根こそぎレーザー脱毛
湘南美容クリニックは全国展開しているので、通いやすいクリニックが見つけられるでしょう。脱毛料金も1回コースから気軽に受けられるため初心者の方でも通いやすいですね。

無料のカウンセリングでは、脱毛リスクについてもしっかり説明してくれますお肌や脱毛について不安に思うことや疑問は何でも相談してみましょう。

脱毛が原因で肌トラブルが起きた際には全て無料で対応してくれます。医療レーザー脱毛を安く受けたい方におすすめです。

ヒゲ
  • 3部位1回 9,980円
  • 3部位6回 30,350円
  • ヒゲ全体1回 24,810円
  • ヒゲ全体6回 89,980円
VIO
  • 1回 16,090円
  • 6回 73,330円
全身
  • 1回 50,720円
  • 6回 293,330円

湘南美容クリニックの公式サイトはこちら

3位 メディエススキンクリニック|スキンケア指導も!

メディエススキンクリニック

銀座にあるメディエススキンクリニックは、美容皮膚科です。ニキビ治療なども行っているため、毛嚢炎ができてしまっても適切な処置を受けることができます

皮膚のスペシャリストが揃っているので、毛嚢炎以外にもお肌で気になることや不安な方にはおすすめのクリニックです。さらに、スキンケアの指導も行っています。

脱毛機は3種類導入し、波長の違う医療レーザー脱毛で、高い脱毛効果が期待できますね。都度払いも可能なので自分のタイミングで利用できます。

ヒゲ
  • 1回 25,000円
  • 5回 75,000円
VIO
  • 1回 38,000円
  • 5回 114,000円
全身
  • 1回 136,000円
  • 5回 410,400円

メディエススキンクリニックの公式サイトはこちら

まとめ|毛嚢炎について正しい知識があれば防げる!

まとめ|毛嚢炎について正しい知識があれば防げる!

毛嚢炎になる原因や対策方法、脱毛についてご紹介してきましたがいかがでしたか?

毛嚢炎はできてしまう原因を知れば、セルフケアで対策ができるので怖がることはありません。肌リスクが心配で脱毛を躊躇していた方でも大丈夫です。

脱毛するなら医療サポートが充実しているクリニックでの脱毛がおすすめです。脱毛効果の高い医療レーザー脱毛が受けられ、医療従事者が施術をするので安心です。

リスクを抑えて、万が一の肌トラブルにも適切に対処してほしい方には、ご紹介した3つのクリニックをぜひチェックしていただきたいです。

1回コースからでも利用できますが、カウンセリングは無料なので、まず相談したい方は気軽に利用してみてくださいね。