AGA治療の種類

【必読】植毛治療は失敗することも?体験談から学ぶ!植毛治療で気をつけるべきポイントを徹底解説!

薄毛治療の救世主である植毛。薬を使った治療に比べ効果実感までが早く、仕上がりの形も自在であることから人気があります。

しかしながら、植毛治療に失敗したという声も実際には聞かれます植毛治療の失敗は、リカバリーに時間がかかり場合によっては完治が難しいこともあります。

植毛治療ではどのような失敗があり得るのか。また失敗しないために注意すべきことはどんなことなのか、について解説します

【はじめに】植毛治療は失敗することがある…

失敗AGA男性型脱毛症は専門クリニックで適切な治療を受けることで、改善が見込まれる症状です。AGA治療の中でも、植毛治療は治療効果が得やすく、髪の密度やデザインを事前にコントロールすることができるといった理由で人気があります

その一方で、植毛治療による失敗事例の報告もあり、失敗の仕方によってはその治療にかなりの時間を要することがあります。最悪の場合、治療前よりも良くない状態になることも。

植毛治療の失敗を防ぐためには、どのような失敗があるのかをまず知っておくことが大切です。加えて、医療機関選びが重要。値段や成功例の広告だけでなく、ポイントを抑えて選定しましょう。

植毛治療の失敗リスクを回避するために、まずはどんな失敗があり得るのかをしっかり理解することが大切です。

これは失敗?治療後によくみられる症状なので安心しよう

安心AGA治療の中で自毛植毛はひとつの手段として認知されています。しかし、植毛治療を実際に受けたという声を直接に聞く機会が少ないもの

そのため、治療の実態がわからず受けてみたいけれど不安、という方も少なくありません。既に治療を受けた方は、自分に現れた症状が通常の術後の過程なのか、それとも失敗なのかがわからず不安になることもあります。

自毛植毛を受けた後に現れる症状で、心配がないものについてご紹介します

ショックロス|手術後に起こる一時的な脱毛のこと

ショックロスとは、植毛治療の後に既存の髪の毛が抜ける現象です。手術後2週間から1か月目程度で起こることが多く、半年から1年程度でその症状は落ち着きます。気にしすぎず、自然に任せるのがよいといえます。

ショックロスは、手術の後遺症で起こることや、髪の生え変わりサイクルの一過性の症状として起こるなどとされています。

植毛治療を受けた全ての人に現れるという症状ではありません。また、抜け毛の量は個人差があります。気付かない程度という方もあれば、ちょっと気になるという方もありますが第三者に気付かれる程、抜けることは通常ではありません

なお、ショックロスは植毛をした部分にのみ起こります。手術後、植毛をしていない別の場所で抜け毛が増えたという場合は担当医に相談しましょう。

かゆみや赤み|外科手術のため半年程度ともなう場合も

自毛植毛は外科手術です。縫合や植毛によって傷ができますので、回復の過程でかゆみが生じることがあります。かゆみや赤みが出るタイミングは個人差があります。

まず、手術後すぐ1日~2日以内の間にかゆみを感じることがあります。そこでかゆみが治まることもありますが、人によっては最大1か月程度かゆみを感じるということもあります。

皮膚の赤みや腫れが、手術箇所だけでなく顔部分、まぶたにまで現れることがあります。時間の経過と共に落ち着きますが、しばらくは様子をみることになります。

かゆみ、赤み以外にも痛みや違和感などが現れることがあります。皮膚が弱い方は事前に医師に相談しておくことをおすすめします

植毛治療にはどんな失敗がある?体験談つきで紹介!

体験談つき紹介AGAに悩む多くの人が植毛治療によってその悩みから抜け出すことが出来ています。その一方で、植毛治療による失敗で精神的、肉体的にダメージを受けている人が一部で見られます。

植毛治療の失敗例は次のようなものがあります。

  • 思ったような仕上がりではない。
  • 植毛手術の跡が残っている。
  • 植毛後の髪が定着しない。

それぞれの失敗について詳しくみていきます。

【失敗①】仕上がりがスカスカに!移植毛の少なさが原因

せっかく自毛植毛をしたのに仕上がりがスカスカという結果になることも。毛髪量についての失敗談です。

K.N(30代)
K.N(30代)
20代から薄毛に悩み、自毛植毛を決めました。いわゆるM字ハゲが進行していました。植毛の量で価格が決まるということで、カウンセラーさんと相談し負担のない価格に収めてもらいました。しかし、毛髪量が少なかったようでスカスカ。手術前とあまり変わらないと自分では感じています。価格は抑えたとはいえ高額でしたので残念です。
Y.S(40代)
Y.S(40代)
自毛植毛の治療を受けました。失敗です。毛流れが不自然でかえって薄毛が目立ちます。先に別のクリニックで治療を受けた知人は、私よりもそもそも薄毛がひどかったのに、自然な感じになっています。それを見て自分も、と思ったのですが。いまさらどうしようもなく、途方にくれています。

【失敗②】手術跡が目立つ!メスを使うFUT法の場合

植毛手術の失敗の一つが手術跡です。どんな失敗があるのか経験談をご紹介します。

A.I(40代)
A.I(40代)
植毛は跡が残りますが目立ちません、という説明を受けて治療を受けました。手術前に見せられた院内の閲覧写真では、そんなに目立つ感じではなかったので深く考えてませんでした。術後、跡を見せられて「あれ?」と思ったのですが、まあしばらくしたらキレイになるかと楽観視。妻から、「これは目立つよ」と言われショックでした。
J.M(20代)
J.M(20代)
明らかに後頭部に傷跡があります。服装が自由な職場なので帽子をかぶってごまかしていますが、毎日が憂鬱です。このまま生きていくなんて考えられないので、別のクリニックで再手術を検討中。

【失敗③】移植した毛が定着しない!育たずに抜け落ちる

自毛植毛の利点は、手術後は自分の髪が自然に生えてくるということです。しかし、場合によっては手術後に移植した毛が定着せず抜け落ちてしまうということも。植毛した毛が定着しなかった実例です。

T.F(50代)
T.F(50代)
AGAの内服薬の治療は、通院し続けなければならないというのがネックで相談したところ自毛植毛を薦められました。移植すればその後は通常の自分の髪と同じように生えてくるというのが決断の理由です。しかし、手術後に髪は抜け落ちて生えない。一時的なものかと思いましたが結局生えませんでした。クリニックサイドは、「手術は成功したが、術後ケアに問題がある」と言います。納得いきません。どうしたらよいかずっと考えています。
E.U(20代)
E.U(20代)
定着しませんでした。事前の話では大方の人が成功すると聞いてたのに。カウンセリングで、ほぼ大丈夫という言葉を信じていましたが自分は「ほぼ」に入らなかった。それについては、事前説明の通りであると言われました。「ほぼ」は100%ではないことはわかりますが、納得がいきません。

海外での治療は安いが要注意!生え方や毛質が異なる

要注意海外、特にアジアでの自毛植毛手術は日本の半額程度で受けられる地域があります。治療と旅行を組み合わせたツアーが組まれるほどで、密かな人気があるといわれています。海外での治療は大きなリスクを伴います

まず、人種によって髪質等が異なるため、海外の技術が日本人に適さないことがあります。また、言葉の壁がある場合、患者と医療者お互いの理解が曖昧なまま手術がなされ、イメージとは違う結果になることも。

海外で自毛植毛を受け、医療事故やトラブルが発生すれば全ては自己責任です場合によっては、取り返しのつかない重大事故に遭うリスクがあることも考えておく必要があります。値段だけにとらわれず先々を見据えて、国内の専門クリニックで治療を受けるのが安心です。

【保存版】気をつけるべき植毛の3つのポイント

気をつけるべき3つのポイントAGA治療のひとつ自毛植毛には一定のリスクが伴います。しかし、薄毛に悩む人にとっては大きな助けとなる治療でもあるのも確かです。

自毛植毛は高額な治療であることから、失敗すると精神的にも肉体的にも大きなダメージを受けます。気を付けるべき点をしっかり理解することでリスクを回避しましょう

失敗しないためのポイントは3つ。

  • クリニックの選び方。
  • どのような手術法で実施するのか。
  • 術後のケアの方法。

それぞれについて解説します。

クリニック選び|費用面だけでなく【症例数や実績】を重視

自毛植毛を受けるときに最も重要なのはクリニック選びです。

インターネットで検索すると、自毛植毛を実施する専門クリニックを名乗るところはたくさん挙がってきます。ここで注目すべきは費用や立地ではなく、症例数です。どれだけの数の手術を施し成功しているのかが、ひとつの目安になります。

同時にどれくらいの期間、自毛植毛治療に携わっているクリニックなのかもチェックしましょう。

安さがウリのクリニックでは、新人の医師による手術や、外科が専門ではない医師が担当することもあります

自毛植毛手術の成功は担当医師の技術にかかっているといっても過言ではありません。実績のあるクリニックを選びましょう。どのような医師が手術を実際に担当するのかをカウンセリング時にきちんと確認するのも大切です。

手術法選び|傷跡が気になる方は【メスを使わない】方法で

自毛植毛手術には大きく分けて二種類、メスを使う方法と使わない方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

メスを使わない手術の大きなメリットのひとつは、傷跡が目立ちにくいということです。メスを使わず植毛する場合は当然、抜糸の手間もありません。

以前であれば、メスを使わない方法の方が、メスを使う方法に比べて定着率が若干低いとされていました。現在は、クリニック独自で、より定着率の高いメスを使わない方法が採用され注目されています。

自毛植毛による傷跡は短めのヘアスタイル等では目立ちやすいといえますできるだけ傷跡を目立たせたくないのであれば、メスを使わない手術がおすすめです。

アフターケア|就寝時やシャワーは注意!刺激を与えない

自毛植毛手術の後は特に難しいケアは不要です。但し、洗髪や就寝時は気をつけるべきポイントがあります。手術を受けた当日は洗髪はしてはいけません。

翌日からは移植箇所の髪をスプレー水などで湿らせて洗い、ドライヤーの冷風で乾かします。手術をしてから2週間程度は手術箇所をこすらないように注意してシャンプーをしてください。

就寝時は固めの枕を使用し、移植箇所をこすったり刺激したりしないよう気をつけましょう。

術後、1週間程度で運動や整髪料の使用が可能です。アルコールは手術当日は控え、喫煙は3週間は控えてください。最初の一か月は患部への刺激を避けることが大切です。

手術から1か月ほどでほぼ通常と同じ生活に戻ることができます

【2020年版】植毛治療のおすすめクリニックBEST3

クリニック植毛治療はAGAを救う有効な治療法のひとつです。植毛治療を成功させるためには技術力が高く、実績のある専門クリニックを選ぶことが第一条件です。

インターネットなどで植毛治療を検索するとたくさんのクリニックが乱立し、どこを選ぶべきか判断に迷います。みんなが選んでいる植毛治療に自信のあるクリニックの中から、より自分に適したところを選びましょう

植毛治療におすすめのクリニックを厳選しご紹介していきます。

1位 親和クリニック|髪が生え変わり続ける喜びを!


高密度自毛発毛法MIRAI法で人気の親和クリニック。

こちらで行われるMIRAI法は、メスを使わないので痛みが少なく日帰り手術が可能。一度に大量の植毛ができ、高密度、高生着率が自慢です。移植デザインについてもこだわりアリ。自然でバランスの良い髪が実現します。

術後の通院の必要がありませんので、忙しい方や遠方の方にもおすすめです

希望者には手術翌日に無料で洗髪サービスを実施しています。術後、自分でシャンプーをするのが心配な方に嬉しいこのサービス。2日目以降、自分でシャンプーをするときのコツも教えてもらますので、安心です。

メール相談や事前カウンセリングは無料で受けられますので、まずは気になることを相談してみてはいかがでしょうか。

親和クリニックの公式サイトはこちら

2位 KM新宿クリニック|人にバレない植毛!

FUERS植毛センター
KM新宿クリニックではFUERS植毛で、薄毛の悩みを解決します。

切らない自毛植毛FUERSは、健康なドナー毛を1株づつ丁寧にくりぬき移植しますので傷跡が目立ちません。メスを使わないので痛みが少なく術後のメンテナンスが不要。維持コストがかかりません。

極細のチューブパンチを使ってドナー株をくりぬきますので毛根のサイズが小さく、高密度で自然な仕上がりに作ることができます。

院内は清潔でリラックスできる環境です。経験豊富な医療スタッフが常駐しているので安心して相談することができます

価格は基本料金プラス、移植株数。わかりやすい明朗会計が特徴です。随時募集をしているモニターキャンペーンを利用するとより利口に治療を受けることができます。

KM新宿クリニックの公式サイトはこちら

3位 アイランドタワークリニック|植毛シェアNo.1


累計症例数25,000件以上、メディアでの紹介実績も多いアイランドタワークリニック。医師、看護師、薬剤師、アドバイザーなど100人を超えるスペシャリストが薄毛の悩みに寄り添ってくれます。

アイランドタワークリニックではi-Directという植毛法を採用。95%以上の生着率を叶えています

自毛植毛で求められるスピーディな施術にもこだわり、世界トップレベルの技術と、患者様個人それぞれに合わせたデザインに力を入れています。

患者様の体の負担や精神的な負担を重視し、プライバシーにも十分な配慮がなされています。全国に4つの分院があります。遠方からの患者様には交通費、宿泊費サポートがありますので、該当する方はぜひ相談してみてください。

アイランドタワークリニックの公式サイトはこちら

まとめ|植毛はクリニック選びとカウンセリングが大切

まとめ植毛治療について、失敗の実例や失敗しないために注意すべきことについて解説しました。

自毛植毛は、結果が早く1度の手術でアフターフォローなく自分の毛が生える画期的な治療法です。

しかしながら、一部では失敗例もあるのも事実。高額な植毛治療の失敗は心身共にダメージが大きいものです。失敗リスクを減らすためには、植毛治療について知識を十分に得た上で自分にあった方法を選択することが大切です

また、クリニック選びは、経験と実績があり信頼できるという基準で探すことが重要です

植毛治療は、クリニックをきちんと選定し、事前カウンセリングで疑問を解決しておくことで失敗リスクを回避することができます。