AGA治療の種類

【AGA治療】生え際には植毛治療が効果的ってホント?他のAGA治療法との違いを徹底解説!

おでこの生え際部分に植毛したいけれど、本当に効果はある?そんな風に悩んでいる方はいませんか?

生え際の植毛治療には、他のAGA治療にはないメリットがあります。今回は、生え際の植毛治療が効果的な理由や、他のAGA治療との違いなど、生え際の植毛治療について徹底的に解説。

生え際の植毛治療についての疑問を、ここで解決していきましょう。生え際の植毛治療に関するポイントを押さえると、安心して治療が受けられるようになりますよ

生え際の薄毛とは?いわゆるM字ハゲやO字ハゲの状態

薄毛生え際が薄くなると、おでこが広がっていきます。AGAは生え際が後退していく方が多く、生え際の薄毛が起こりやすいのが特徴です。側頭部やおでこの部分の生え際が後退していくので、いわゆるM字ハゲO字ハゲの状態になります。

生え際が後退してくると、年齢より老けた印象になりがち。鏡で自分でも気付きやすい部位のため、進行していくと気になって将来髪がなくなってしまうのではないかと心配になってしまう方も多いでしょう。

生え際が薄いと、髪をおろしていると、おでこの薄くなっている部分が透けてみえて清潔感のない印象になってしまいます。かといって、髪をあげてしまうと、薄くなっている部分が悪目立ちしてしまいます。

そんな薄毛をなんとかしたいと考える男性が多いのです。

【必見】生え際には自毛植毛が効果的な3つの理由

3つの理由生え際の薄毛には、自毛植毛が効果的だといわれています。生え際に自毛植毛が効果的な理由は、以下の3つが挙げられます。

  1. ホルモンの影響を受けにくくなる
  2. 定着後はメンテナンス不要
  3. 自分の毛包なので馴染みやすい

それぞれの理由について、詳しく解説します。自毛植毛は、薄毛の治療法として画期的でおすすめな方法。メリットを知って、生え際が気にならなくなる施術を検討してみてください。

① 移植で改善!男性ホルモンの影響を受けにくくなる

AGAは、男性ホルモンの影響により脱毛ホルモンが作られ、薄毛が進行していく症状です。薄毛が進行する部分は限られていて、自毛植毛の場合は薄毛の進行していない部分から髪の毛を移植します。

男性ホルモンの影響を受けていない部分から移植することで、移植した後の髪の毛も男性ホルモンの影響を受けにくくなることが、生え際の自毛植毛のメリット。

もともと男性ホルモンを受けていた部位でも、男性ホルモンの影響を受けにくくなることで薄毛の進行がストップすることが期待できます

生え際は、男性ホルモンの影響を受けやすい部分。そこに自毛植毛することで薄毛になりにくくなることは、自毛植毛が生え際に効果的な理由のひとつといえるでしょう。

② 永久的に生え続ける!定着後はメンテナンス不要

自毛植毛は、自分の生きている毛を植毛するため、永久的に生え続けることが特徴です。定着するのには少し時間がかかりますが、一度定着してしまえばその後のメンテナンスは必要ありません。

今まで生え際の薄毛ケアを念入りに行っていた方でも、お手入れの時間がいらなくなるので他のことに時間を使うことができるようになります。

植毛した毛が定着したあとは、毎日育毛剤を塗っていたのがウソのように、お手入れがいらなくなります。一度定着してしまえば、その後のメンテナンスが一切いらなくなることは、自毛植毛の大きなメリットといえるでしょう。

生え際は、鏡を見るたびに気になる部分。その部分が、なんのお手入れもいらないフサフサな状態になるなら、これほど嬉しいことはないでしょう。

③ 拒絶反応がない!自分の毛包なので馴染みやすい

人工植毛をすると、副作用として拒絶反応が出る可能性があります。人工植毛は、ポリエステルやナイロンなどの化学繊維を使った人工的な毛を使っているため、移植すると異物と判断されることがあるからです。

拒絶反応で、アレルギー反応が出ることもあり、移植した毛が抜け落ちやすくなることもあります。

一般的な人工植毛とは違い、自毛植毛は自分の毛包を移植するもの。拒絶反応が出る心配がなく、頭皮になじみやすいのが特徴です。

顔の一部ともいえる生え際には、なるべく副作用は少ない方が良いですね。拒絶反応の心配がないことは、自毛植毛が効果的な理由といえます。

拒絶反応などの副作用がほとんどないのに加え、移植した髪は人工植毛と違って生え続けるのが自毛植毛のメリット。副作用なく髪が伸びる、生え際の薄毛に効果的な方法といえます。

ココが違う!他のAGA治療法と植毛治療を比較解説

AGA治療法生え際の薄毛に効果的な自毛植毛ですが、他のAGAとはどのような違いがあるのでしょうか?他のAGA治療法との違いは、以下のようなものが挙げられます。

  • 髪の毛がなくても移植可能
  • 自然な仕上がりで生え続ける
  • 費用は70万円だけど優れたコスパ
  • 1年ほどで生え揃う

自毛植毛は、他の治療法と比べてもメリットがたくさん。それぞれのポイントを、他のAGA治療と比較しながら解説していきます。

条件|完全に髪の毛が抜けている場合も移植可能◎

自毛植毛できる条件は、幅広いことが特徴です。他のAGA治療の場合は、髪の毛が完全に抜け落ちて毛根が残っていない場合には、治療ができないことがあります。治療しても、毛根が死んでいる場合には効果が期待できないからです。

というのも、他のAGA治療では発毛というよりも育毛を目標とした治療がほとんど。今ある毛を強く太くしていくことで、髪が増えたように見せる治療が主流です。そのため、髪が薄くて抜けやすいのではなく、完全に生えていない場合は治療が困難になるのです。

しかし、自毛植毛の場合は、完全に髪が完全に抜けている場合でも移植ができます。もう手遅れだと感じるような薄毛の方でも、まだ受けられる注目の治療法です。

効果|定着後は永久的な効果あり!自然な仕上がり

一度定着してしまうと、永続的な効果があることも自毛植毛ならではの特徴です。他のAGA治療の場合は、永久的な効果には期待できません

例えば投薬治療の場合は、飲んでいるときは効果を感じることができても、その後継続して飲み続ける必要があります。途中で飲むのを止めてしまうとその場で効果がなくなり、その時点で飲んでいない場合の状態に戻ってしまうからです。

これから先ずっと飲み続けなくてはならない投薬治療とは異なり、自毛植毛では一度施術を終えて毛が定着してしまえば、もう治療を続ける必要はありません

効果がほぼ永久的に続くことは、自毛植毛の大きなメリットといえるでしょう。また、移植した毛は自分の毛なので、人工植毛とは違う自然な仕上がりになります。

費用|70万円~で高額!優れたコストパフォーマンス

コスト自毛植毛は外科手術のため、費用はある程度高額になります。費用は、施術する範囲の広さによって決まってきます。施術する範囲が広いほど高額になりますが、生え際部分のみならある程度費用が抑えられます。

自毛植毛の費用の目安は70万円以上で、投薬治療の1月1万5,000円程度と比べるとかなり高額です。

AGAの他の治療法と比べても、人工植毛は最も高い費用がかかる施術。しかし、一度の施術でその後払い続ける必要がないことを考えると、コストパフォーマンスは非常に優れていることが分かるでしょう。

その後はメンテナンスの必要もない生活がやってくることを考慮すると、妥当な価格といえるでしょう。自毛植毛は、一度にある程度まとまった費用が用意できる方におすすめです。

期間|半年~発毛効果を実感!1年ほどで生え揃う

確実な効果を実感できることも、自毛植毛が他のAGA治療と違うところです。効果を実感できる期間の目安は、半年からと他のAGA治療と変わりませんが、1年ほど経つと、毛が生え揃うところが他の治療との違い。

他の治療法では、半年で効果を実感しはじめ、2~3年くらいかけて徐々に薄毛が解消されていくのが一般的です。自毛植毛の場合は、もともとある細い毛を強くするのとは違い、毛包を移植してからそこに毛が生えて伸びてくるまで待つ必要があります。

しかし、一度生え揃ってしまうと強い毛が生え続けるので、生え揃う頃には毛がフサフサの状態になることがほとんどです。他の治療では1年以上かかってしまうところ、効果が比較的早く実感できるのが自毛植毛の特徴です。

【安心】効果的なAGA治療として日本皮膚学会も推奨

効果的なAGA治療外科手術になるため、まだまだ敷居の高い自毛植毛ですが、自毛植毛は日本皮膚学会にも行うように勧められている安全性の高い方法です。

一方、人工植毛にはリスクが高いため、行うことは勧められていません。過去に有害なケースがあったため、アメリカではFDA(食品医薬品局)により人工毛自体の使用を禁止されています。

フィナステリドやデュタステリドの内服や、ミノキシジルの外用も勧められていますが、それらの投薬治療の次に勧められているのが自毛植毛。投薬治療で満足する効果が出ない場合には、行っても良いものと考えられます。

皮膚にダメージを与えるリスクがほとんどないことから、日本皮膚学会でも勧められているのが自毛植毛。AGAの治療として効果的な方法なので、気になる方は施術を検討してみましょう。

自毛植毛のリスクは?不自然な仕上がりや傷跡の可能性

リスク?皮膚へのリスクが少ないとはいえ、施術にはある程度のリスクはつきもの。副作用が少ない自毛植毛にも、いくつかのリスクはあります。

  • 不自然な仕上がりになる
  • 傷跡が残る
  • まぶたが腫れる
  • 定着率が悪い

自分の毛とはいえ、他の部分に生えていた毛なので不自然になる可能性があります。また、施術する人の技術によっては、傷跡が残ったり、定着率が悪くなる場合があるので注意しましょう。

施術前には麻酔をするため、施術箇所に近いまぶたや施術箇所が麻酔により腫れてしまうこともあります。しかし、腫れは1週間程度で自然と治っていくので心配はありません。

この他、施術後は見た目が綺麗とは言い難い状態になることも頭に入れておきましょう。施術後は人に見られないように、ウイッグや帽子で隠す必要があります。

【大切】生え際の自毛植毛で気をつける3つのポイント

自然な髪生え際の自毛植毛は、リスクの少ない効果的な薄毛治療です。効果を最大限に感じるために、気を付けるべき3つのポイントを覚えておきましょう。

  1. 【ドクターの技術】が重要!
  2. 生え際のデザインを共有
  3. 正しい生活習慣も意識!

それぞれのポイントについて、詳しく解説します。自毛植毛をする自分を具体的にイメージしながら、効果的な方法で施術を受けましょう

クリニック選び|自毛植毛は【ドクターの技術】が重要!

生え際は顔の印象を左右するデリケートな部分。少しでも綺麗な仕上がりを求めるなら、高い技術力を持ったドクターのいるクリニック選びが重要です。

自毛植毛のリスクとして挙げた、不自然な仕上がりや定着率の高さは、ドクターの技術力にかかっています。良いドクターを選べば、自然な仕上がりになり、移植した毛の定着率は高くなります

さらに、施術箇所にダメージを与えずに施術できるドクターなら、施術箇所が腫れることもなく綺麗な仕上がりになります。

技術力の高いドクターのいるクリニックは、公式サイトや口コミなどからチェックすることができます。経験豊富で技術力のあるドクターのいるクリニックを選び、満足な施術を受けましょう。

カウンセリング|生え際のデザインを共有!理想の形に

自毛植毛には、入念なカウンセリングが欠かせません。自分の思っている生え際のデザインと、ドクターの考えているデザインが違っていたら、理想とはかけはなれた結果になることも。

理想の形をしっかりと共有し、どんなデザインにしたいのかしっかりとカウンセリングで伝えておくことが大切です。

経験豊富なクリニックを選べば、例え自分の理想のイメージがはっきりしていなくても、イメージが固まりやすいように導いてくれます

入念なカウンセリングで、理想のデザインを共有しておくことで、納得のいく仕上がりが叶えられるはずです。かっこいい理想の生え際を叶えるためにも、カウンセリングで疑問や違和感があれば全て解決してから施術を開始しましょう。

アフターケア|清潔に保つ&正しい生活習慣も意識!

施術後は、安心して気の抜けた生活をしてしまいがち。しかし、気を抜かずに正しい生活習慣を意識することも大切です。

生活習慣の乱れは、薄毛の原因になります。せっかく自毛植毛してフサフサの毛が生えてきても、その他の髪の毛が薄くなってしまったのでは薄毛治療が台無しになってしまいます。自毛植毛している場所は安心でも、していない箇所はまだまだ薄毛になる可能性があるのです。

薄毛を予防し続けるためにも、規則正しい生活習慣を意識して頭皮を清潔に保つことが大切。脂っこい食事を避け、早寝早起きを心がけるだけでもずいぶん違いが出ます。

施術後は大きなメンテナンスは必要ありませんが、アフターケアのつもりで軽い運動をしながら、リズムのある生活を心がけましょう

まとめ|リスクの少ない自毛植毛で見た目の印象アップ

見た目の印象アップ生え際は、顔の一部であるおでこの形を変える重要な箇所。生え際に自毛植毛することで、おでこの形が変わって顔の印象が変わります。おでこがフサフサになることで、見た目年齢が若くなることもあります。

自分の毛ということで、拒絶反応などの副作用が少ないことがメリット。一度移植してしまえば、その後は毛が普通に伸びるようになることも、薄毛の男性にとってはうれしいポイントですね。

施術後は、毛が伸びてくるまで我慢が必要ですが、一度生え揃ってしまえばその後は普通の髪のような状態が続きます。

リスクの少ない自毛植毛は、メリットがたくさん。技術のあるドクターから施術を受けることで、理想の綺麗な仕上がりになります。自毛植毛の施術で見た目の印象をアップしてみましょう!