AGA治療の種類

【話題】AGA治療の「HARG療法」とは?費用・期間から他の治療法との違いまで徹底解説!

HARG療法は、頭皮に直接有効成分を注入する治療法です。注射針のような針を使って注入するため、痛みや効果など色々と気になりますよね。HARG療法は、AGAだけではなく女性の薄毛にも効果があることから、近年話題になっているのを知っていますか。

今回は、HARG療法について費用や効果が出るまでの期間、メリットや育毛メソセラピーとの違いについてなどを紹介します。投薬治療や外用薬以外の治療法を検討している人は、ぜひご覧になって下さい。

HARG療法とは?有効成分を頭皮へ直接注入する治療法

注入HARG療法はアミノ酸やビタミン・成長因子などの、頭皮に良い有効成分(HARGカクテル)を頭皮に直接注入する治療法です。投薬治療や外用薬を使った治療よりも、有効成分がダイレクトに頭皮に行き届くため高い効果が期待できます。

HARG療法の特徴の1つに、男性のAGA以外の薄毛にも効果があるということが挙げられます。脱毛の原因に関係なく毛髪の成長を促す働きがあることから、女性の薄毛にも効果があると言われているのです。

女性がAGA治療で男性用の治療薬を使うと、安全性が確立されておらず重篤な副作用が出る恐れがあります。ですが、HARG療法であれば関係なく治療ができるのは嬉しいとは思いませんか。

毛髪を再生させる【薬液の成分】と【発毛メカニズム】

薬液の成分HARG療法のポイントは、栄養素や成長因子を配合しているHARGカクテルと発毛メカニズムにあります。また、医療機関でしか治療が受けられない発毛療法のため、安全性が高いというメリットがあります。

ここでは、HARG療法で使われる薬液の成分とは何か、発毛メカニズムについてより詳しく紹介します。AGA治療でHARG療法を考えている人は、ぜひチェックしておきましょう。

HARGカクテル|幹細胞による成長因子と育毛成分を配合

HARG療法は、頭皮に注入する有効成分にHARGカクテルを使用します。HARGカクテルとは、主に以下の成分になります。

  • 幹細胞から抽出した成長因子(AAPE)
  • ビタミン・ミネラル・アミノ酸などの栄養素

AAPE(Advanced Adipose-derived stem cell Protein Extract)は、幹細胞抽出因子蛋白質のことで、およそ150種類もの成長因子が含まれています。この成長因子の働きにより、頭皮や髪に刺激を与えて発毛・育毛を促します

どの成分をどれくらい配合するのかは、クリニックによって異なります。また、患者の症状(頭皮の状態)によってもブレンド方法は変わってくるようです。

発毛サイクル|毛母細胞を刺激!頭皮をフル稼働させる

AAPEは、発毛・育毛を促す働き以外にも、毛母細胞を刺激する働きもあります。毛母細胞の活動が停止すると、ヘアサイクルが短くなり髪の毛が細く・抜けやすくなります。また、新しい髪の毛も生えなくなるため、どんどんAGAが進行していくのです。

しかし、毛母細胞が刺激され活性化すれば、成長因子が分泌されやすくなり、発毛効果をより高めることが可能となります。

乱れがちだったヘアサイクルも正常化すれば、髪の毛も太く・健康になるため薄毛も自然に気にならなくなるでしょう。HARG療法で使用するAAPEを取り入れたHARGカクテルは、髪の毛にとって頼もしい味方であることを知っておきましょう。

【必見】話題の理由は?HARG治療の3つのメリット

3つのメリット

HARG療法は、毛髪を再生させるためのHARGカクテルが、髪の毛にとって良い働きをすることがわかりました。頭皮に直接AAPEを取り入れた有効成分を注入するのが一番のポイントではありますが、実際にはどんなメリットがあるのでしょうか。

ここでは、HARG療法のメリットを3つ紹介します。

  1. 毛周期が正常化する
  2. 年齢・性別問わず治療が可能である
  3. 副作用のリスクが少ない

内服薬や外用薬、自毛植毛とは何が異なるのかというのをしっかりと見ていきましょう。

① 高い効果が持続的に|毛母細胞に直接⇒毛周期が正常化

HARG療法で使われる有効成分の成長因子(AAPE)は、毛母細胞を刺激する働きがあります。毛周期が正常化すれば、それまで細くて抜けやすかった毛も健康で抜けにくく、太い毛へと生まれ変わります

つまり、HARG療法は一時的な効果ではなく、高い効果が持続的に得られる治療法なのです。

これはHARG療法が自毛植毛や増毛とは違い、毛母細胞を活性化させることで毛髪を再生させる治療であるからこそ出来ることです。薄毛の根本的な再生治療ができるため、安心して治療が受けられるというのは嬉しいメリットですよね。

② 年齢・性別を問わない|根本的な原因へアプローチ

AGAの治療薬で有名なフィナステリドは、女性には処方できません。このように、一般的なAGAの治療は女性や持病があることで薬が処方できないこともあり、薄毛を諦めるという人も多くいました。

しかし、HARG療法はこのように制限がある人でも対応できる数少ない治療法です。これは、HARG療法で使われるHARGカクテルが、副作用やアレルギーを起こす心配がないのが理由として挙げられます。

幹細胞から抽出した成長因子や、育毛に良い栄養素をブレンドしたもので作られているため、誰でも安心して治療を受けられますよ。特にフィナステリド・プロペシアなどの投薬治療ができなかった人におすすめです。

③ 副作用のリスクが低い|成分の安全性が世界で承認済み

HARG療法で使われるHARGカクテルは、育毛に良いとされるビタミン・ミネラル・アミノ酸などの栄養素と幹細胞から抽出した成長因子がブレンドされています。これらの成分は副作用の心配がなく、アレルギーを起こすこともないため安全に治療が受けられます。

ただし、クリニックによっては、プラスで投薬治療で使われるミノキシジルなどの脱毛抑制剤を注入する場合もあります。この場合、人によっては副作用が起こる可能性があるため注意が必要です。

HARGカクテルは、どの成分をどれくらいの割合でブレンドするかというのは各クリニックによって異なります。個人の薄毛の進行具合によっても変わりますので、HARG療法を受ける場合は必ずクリニックで事前に確認することをおすすめします。

気になる費用や期間は?専門の医療機関でのみ治療可能

費用や期間副作用の心配がなく、これまでAGA治療ができなかった女性や持病があるという人でも、安心して治療が受けられるHARG療法。実際に治療を受けてみたいと思っても、気になるのは治療期間や費用だと思います。

ここでは、HARG療法の1回あたりの費用相場や、治療にかかる期間について紹介します。

AGA治療は保険適用外になるため、あらかじめ費用を知っておくのはとても大切です。では、さっそく見ていきましょう。

【90~120万円】が相場!1回あたり10万円前後で高額…

HARG療法の1回あたりの施術費用は、およそ10万円前後かかります。AGA治療は保険適用外のため、費用はクリニックで自由に決めることができます。そのため、費用もクリニックによって大きく異なるのです。

また、HARGカクテルの成分の割合によっても金額が前後することもあります。治療を考えている人は、カウンセリングの段階で細かく確認しておいたほうが安心です。

HARG療法は、1回ごとに施術料金を支払うことも可能ですが、基本は6回セット(1クール)を基準にして治療を行います。セットであれば1回あたりの施術料金も割引にしているクリニックが多いため、ほとんどの人が利用しているようです。

1クールあたりの費用相場は、およそ90~120万円になります。ですが、医療ローンを取り扱っているクリニックであれば、無理なく支払いもできるでしょう。

【半年~1年】が目安!3回目で発毛効果を実感する人も!

HARG療法は効果が高いとはいえ、1回の治療で効果を実感する人はなかなかいません。頭皮の状態により個人差はありますが、およそ3回目あたりから発毛効果を実感する人が多いようです。

通院ペースは3~4週間に1回となり、治療期間は半年から1年が目安となります。あまり効果が実感できない人や、もっと継続して治療を受けたい人は定期的に治療を繰り返すことが可能です。

治療が一度完了した人で育毛効果を保ちたいという人は、フォローアップ治療をすることもできます。その場合、通院ペースも2ヶ月に1度くらいになります。1ヶ月に1度程度であれば、余裕をもって予定も立てやすいのではないでしょうか。

注入方法は?注射器などの針や電気・レーザーから選ぶ

注射器などの針HARG療法は、頭皮から直接成長因子などの有効成分を注入します。一般的には注射針などの針を使った注入方法となりますが、注入箇所や人によっては痛みを伴うというデメリットがあります。

施術の痛みを緩和するために、麻酔を使うという手もありますが、どうしても痛みに耐えられないという人もいるのではないでしょうか。

HARG療法は、針を使った注入方法以外にも電気やレーザーを使った注入方法もあります。針に抵抗があるという人は、これらの治療法を選べば針を使わないので安心です。

HARG療法は定期的に治療を行うことで、より高い効果が実感できるため少しでもストレスを感じない治療方法を見つけましょう

効果をさらに高める?【投薬治療との併用】がおすすめ

HARG療法HARG療法は、内服薬や外用薬とは違い頭皮に直接有効成分を注入するため、高い効果が期待できます。ですが、発毛効果をより高く実感したいという人は、投薬治療と併用することをおすすめしています。

HARGカクテルのメインの薬液である成長因子は、あらゆる薄毛に有効に働くため、毛根にしっかりと作用するという特徴があります。投薬治療と併用することで、より成長因子の働きを強くして効果を高められるのです。

ただし、使用する治療薬によっては投薬治療と併用できない人もいますので、医師とよく相談して決めることが大切です。

AGAの注入治療である「育毛メソセラピー」との違い

AGAの注入治療AGA治療には、HARG療法と同じように頭皮に直接有効成分を注入する育毛メソセラピーという治療法もあります。ですが、この2つの治療の違いについて知っていますか。

HARG療法と育毛メソセラピーでは、使用している薬液が違うのか、また費用はどれくらい変わってくるのかなど気になることは沢山あると思います。

2つの治療法の違いをきちんと知っておけば、AGA治療をする時に自分に合った治療を見つけることが出来るでしょう。

【薬液】医療機関のオリジナル配合!成長因子の数が異なる

HARG療法と育毛メソセラピーの大きな違いの1つに、薬液が挙げられます。投薬治療の補助療法である育毛メソセラピーは、HARG療法と同じように効果の早さ、服用できない薬の代わりになるなどのメリットがあります。

しかし、HARG療法は認定を受けている医療機関でしか治療ができず、また使用する薬液には決まりがあります

育毛メソセラピーで使われる薬液には、主に以下の3種類が挙げられます。

  • 成長因子
  • 栄養素
  • 脱毛抑制剤・発毛剤など

成分の割合などはクリニックによって異なりますが、脱毛抑制剤や発毛剤が入っている場合は副作用が出る恐れがあるため注意が必要です。また、どの薬液を使用するかというのも決まりが無いため、クリニックによって効果が変わってくるでしょう。

【費用】12~80万が相場!成分が異なり費用に大きな差

育毛メソセラピーの費用は、クリニックによっておよそ12~80万円と大きな差があります。金額に差が出る理由は、主に以下になります。

  • 育毛メソセラピーは保険適用外のため、クリニックにより金額が異なる
  • クリニックによって使用している成分が異なる

まず、AGA治療は保険適用外のため、育毛メソセラピーもクリニックで自由に金額が決められます。そして、HARG療法とは違い使用する成分が決められていないため、金額に大きな差が出てしまうのです。

育毛メソセラピーを考えている人は、どんな成分を使っているのか、金額はどれくらいなのか治療を受ける前によく調べたほうが良いでしょう。

まとめ|HARG療法でより高い効果を実感しよう!

AGAの治療HARG療法とはどんな治療法なのか、メリットや育毛メソセラピーとの違いについてなどを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

HARG療法は頭皮に成長因子などの有効成分を直接注入するため、内服薬や外用薬などの治療よりも高い効果が期待できることがわかりました。ですが、投薬治療と併用したほうがより良い効果が得られます

また、保険適用外のため1回あたりの費用も10万円前後となることから、通い続けられるかどうかをきちんと考えてから治療を行いましょう。

クリニックによっては医療ローンやクレジットカード払いに対応しているなど、支払い方法に幅を持たせているところが多いので上手に探してみてください。

AGA治療をしてきて、思った以上に効果を実感できない人や、早く薄毛をどうにかしたい人はぜひHARG療法を試してみて下さい!