AGA治療の費用

AGAの治療は医療費控除になる?保険は適用?AGAの自費治療について気になる疑問を解決!

薄毛に悩んでいる方の中には、AGAの治療に関心をお持ちの方もいるでしょう。しかし、AGAの治療は自由診療のため、医療費控除の対象にはできないと考える方も多いのではないでしょうか。

AGAの治療は、生命を脅かす病気への治療というわけではなく、あくまで審美的な医療行為です。そのため、かつては医療費控除の対象外と言われてきました。しかし、近年では医療費控除の対象と認められるケースも増えつつあります。

ここでは、AGAの治療は医療費控除や保険適用の対象になるのかについて解説してまいります。

医療費控除とは?まずは仕組みを分かりやすく解説

医療費

そもそも、医療費控除とはどのような仕組みであるか説明しましょう。医療費控除とは、一年間に支払った医療費が、ある一定額を超過した場合に所得控除を受けることができ、結果的に税金が安くなるというものです。

所得控除とは、その人が負担すべき税金を計算する際に基準となる「課税所得」に含めなくても良いという仕組みです。

そのため、年末に行う確定申告の際に医療費控除の手続きを行うと、支払った医療費に応じて課税所得が少なくなり、納税額が少なくて済むというわけです。

会社員などの給与生活者は、還付金という形で該当年の翌年に、支払いすぎた税金が戻ってきます。具体的には、一年間に支払った医療費が10万円を超えると利用できます。

総所得が200万円未満の方の場合は、総所得の5%の金額が差し引ける分となります。ちなみに、医療費控除は生計を一にしている家族の分も合算して申請することが可能です。

【基本】AGA治療は医療費控除の対象外&保険適用外

医療費控除

このように、医療費控除は活用メリットが非常に大きい制度です、そのため、医療費がかさんだ年や、生計を一とする家族が多額の医療費を支払った場合などは、ぜひ申請手続きをしていただきたいものです。

しかし、AGAの治療も医療費控除の対象になるのかと言うと、実は基本的には「適用外」なのですそして、保険診療の対象ではない自由治療に当たります。AGAの治療は、基本的には「生命を脅かす病気への治療」というわけではありません。

「将来的にハゲたら嫌だから予防的に通院しておく」「年齢的にも薄毛が気になってきたので治療する」などの理由では、あくまで「審美的な医療行為」に当たります。そのため、医療費控除の対象にはできないし、健康保険の適用もできないというわけです。

自由治療であるため全て自己負担…その理由とは

自己負担

病院に行って医療費の支払いをする際、たいていは保険診療の対象となります。この保険診療とは、国民健康保険法や健康保険法などで定められている治療のことを言います。

各病気に対して治療内容が決められており、診療の報酬点数も定められているので、全国どこの医療機関でも同じ金額で同じ治療を受けることになります。

患者は、保険証を提示することで、原則3割負担(年齢や所得により異なる)で治療を受けられます。一方、AGAの治療は公的医療保険の適用とならない自由治療に当たることがほとんどです。そのため、医療費は全額自己負担(10割負担)となります。

AGAは命に関わる病気ではない!美容整形などと同じ分類に

このように、AGAの治療は命に係わる病気の治療ではありません。そのため、美容整形などと同じ様に自由治療に当たり、全額自己負担となってしまいます。

二重まぶたにする整形や、脂肪吸引などの痩身施術は、決して直さなくても命の危機にさらされるわけではありません。

AGAの治療も同じで、脱毛を直さなくても体が重篤な状態になってしまうわけではなく、たいていは審美的に気になるので治療をするというケースだと考えられます。そのため、医療行為としては美容整形などと同じ分類になるのです。

ちなみに、自由治療の場合、その金額は医療機関が自由に決めて良いことになっています。そのため、患者の経済的負担はかなり大きくなってしまいます。

治療には日本では未認可の薬も!先進医療になるため

薄毛の治療には、日本では未認可の薬を用いるケースもあります。未認可の薬とは、海外ではその服用が承認されており販売もされているものの、日本ではまだ承認・販売がされていない薬のことを言います。

日本におけるAGAの未認可薬の代表例として、「フィナロ(FINALO)」という薬が挙げられますフィナロは、インドにあるインタス社で製造・販売されています。薄毛治療に効果のあるフィナステリドを有効成分とするAGA治療薬です。

同社はがんやリウマチ、自己免疫、腎臓、眼科及び血漿由来製品に基づく慢性疾患領域での研究開発を中心に、世界70カ国以上で販売実績がある会社です。日本でフィナロを用いた治療を行うと、先進医療となります。

【特例】一部で医療費控除や保険が適用されることも!

投薬治療

このように、AGA治療は保険適用とならない全額自己負担の治療であるため、患者の経済的負担が大きい治療です。AGAの治療では、飲み薬を処方される「投薬治療」が一般的です。

例えば、一般的な投薬治療を行う場合、月に一度の通院をしますが、一回の通院費はおよそ2万円前後と言われています。AGAの治療はすぐに効果が出るものではなく、早い人で半年頃から、通常は1年以上継続的な治療が必要です。

そのため、少なくとも12万円、高額なクリニックであったり治療期間が長引けば、30万円ほどかかることもありえます。

そのため、もし医療費控除の対象にできたり、保険適用が可能なケースであれば、経済的負担を軽くすることができます。実は、一部の例外では、医療費控除の対象や保険適用にできる可能性があります。ここからは、パターン別に説明してまいりましょう。

パターン①|脱毛の原因が【病気】と診断された場合

まずは、脱毛の原因が「病気」がきっかけであると診断された場合です。この場合は医療費控除や保険適用の対象となる可能性があります。

「全身の疾患」や「精神的な疾患」などの病気が原因で、薄毛が進行してしまうこともあり得ます。その場合は、例外的に対象と見なしてもらえることもあります。

また、通常の薄毛治療であれば審美的な目的ですが、若年性脱毛症の治療であれば立派な治療行為と言えます。

そのため、「脱毛症という病気の治療のための医療費である。」という体であれば、医療費控除の申請が通る可能性もあります。

そして、健康保険の適用についても、基本的にはAGAの治療は保険適用外ですが、他の病気がきっかけで薄毛が進行してしまった場合のAGA治療であれば、保険適用となるケースもあります。

パターン②|他の【治療の一環】として必要な場合

他の病気などの治療の一環としてAGAの治療が必要であったり、内服薬を服用することもあり得ます。例えば、前立腺肥大症の治療などに代表される、男性加齢対策の一環として、AGAの治療を行うこともあります。

その場合は、医師による立派な治療の一環であり、病気を治療するための医療行為であると言えるため、医療費控除や保険適用の対象となる可能性がありますちなみに、医療費控除について言えば、現在では統一された指針はありません。

そのため、税理士や各税務署の判断によるところが多いようです。まずは、「自分の薄毛治療は、他の治療の一環として行われていると言えるのではないか。」と思った場合は、管轄の税務署に問い合わせてみて下さい。

パターン③|保険適用の【外用薬】の処方がある場合

AGAの治療では、飲み薬を処方される「投薬治療」が一般的です。その薬も、保険適用とはならないものが多く、自由治療にあたるため、飲み薬の代金も各院によって変わってきます。

また、薬の種類によっても費用に幅はありますが、一般的な費用相場は薬代で5000円~2万円ほどといわれています。さらに、料金が安い薬だけではなく、中には保険適用となる外用薬を処方してくれるケースもあります。

その場合は、保険適用として全額自己負担とならずにAGAの治療を受けられることも、かなりまれなケースですがあり得ます。

医療機関によって保険適用の外用薬の処方が可能かどうかわかりませんので、治療通院を検討している方は、該当の医療機関で保険適用の外用薬の処方があるのか問い合わせてみると良いでしょう。

【解説】医療費控除を申請する!確定申告の方法とは

確定申告の方法

それでは、医療費控除の対象にでき、申告をしたい場合、どのように確定申告すれば良いのでしょうか。まずは医療費控除に必要な書類を準備します

国税庁のホームページからダウンロードしたり、最寄の税務署で書類をもらうことができます。続いて、確定申告書と医療費控除の明細書に必要事項を記入します。

提出が必要な書類一式を管轄の税務署へ提出します。税務署が不備のない書類を受理してから1か月ほどで指定した口座へ還付金が振り込まれます。ちなみに、医療費控除の確定申告を行う時期は、該当年の翌年2月16日~3月15日です

必要な書類を準備!AGA治療の【領収書】は要保管!

医療費控除を確定申告で行う場合、以前までは領収書の添付も必須でした。しかし平成29年分からは、確定申告の手順が簡略化されました

その一環として、申告の際に領収書の添付が不要となったり、明細を記入することが省略できるようになりました。とはいえ、領収書を捨ててしまっても良いというわけでもありません。申請手続きを行った後、税務署から提出を求められることもあります。

その場合は、申告した内容を証明できるように、提示をしなければなりません。確定申告で医療費控除した領収書については、5年間は保管期間が設定されています

還付金が振り込まれたからと言って、すぐに領収書を破棄してしまうことが内容、念のため5年間は保管しておくようにしましょう。

統一された指針はない!まずは税務署へ【申告】しよう!

医療費控除の確定申告については、実は統一された指針はありません。国税庁で定められていることは以下の通りです。

  1. 申告者自身のほか、生計を一とする家族が支払った医療費に対して所得控除が行われること
  2. 1月1日から12月31日までに実際に支払った医療費に限って控除の対象となること
  3. 通常の医療費控除の適用を受ける事を選択した人は、セルフメディケーション税制を受けることはできない

また、控除対象となる医療費は、医師・歯科医師による診察や治療の対価、治療のためのマッサージや指圧、はり治療などを始め、治療や療養に必要な医薬品の購入対価までと幅広いことが特徴です。

細かな指針は定められていないので、まずは管轄の税務署へ医療費控除の対象など、気になる点は個別に問い合わせてみましょう

【必読】AGAの治療費を安く抑える3つのポイント

3つのポイント

AGAの治療費は、基本的には保険適用とならず、10割負担の全額自己負担となりますそのため、患者の経済的な負担は非常に大きい治療です。

ここまでは、少しでも経済的な負担感を軽くするために、医療費控除の活用や保険適用となるケースについて説明してきました。

そのほかにも、治療費を安く抑えるための手段はあるのでしょうか。次からは、AGAの治療費を安く抑えるための3つのポイントについて取り上げて、詳しく解説していきましょう。

医師によるAGA診断|症状にあわせて適切な治療法を◎

AGA治療を大分類すると、飲み薬を処服用する投薬治療、頭皮に薬液を注入する注入治療、脱毛箇所に自身の別の毛根を移植する自毛植毛の3種類があります。薄毛の症状や進行具合などによって治療方法が異なり、費用や効果も変わってきます。

投薬治療の場合、薬代は各院によって定められているため、医療機関によって異なりますが、およそ1か月の費用は5000円~2万円ほどです。投薬治療は即効性はなく、少なくとも半年以上は治療を継続する必要があります。

そのため、長期的に治療費がかかってきます。注入治療の一回分の費用は、およそ5~12万円ほどが相場です。しかし、注入治療は投薬治療の効果を高めるための補助的治療として行われることも多く、その場合は別途費用がかさみます。

最後に、自毛植毛の費用は、安いところであれば50万円を切るか、高いところだと100万円近くに及ぶこともあります。しかし、一回の治療で効果を実感できるため、継続的な治療は不要です。症状や可能な治療期間に応じて、治療法を選択すると良いでしょう。

クリニックを比較|自由な価格設定が可能なため異なる!

AGAの治療は、基本的には保険適用とならない自由治療であり、クリニックによって治療費用の設定も自由に行えます。つまり、どのクリニックで治療を受けるかによって、治療費も大きく幅が生じる可能性があるということです。

AGAの治療は、自毛植毛でない限り、継続的な通院が必要となる長期的な治療となります。さらに、原則保険適用もないため、治療費は決して安くはありません。

そのため、通院しようと思うクリニックの料金プランをしっかり理解して納得した上で治療を開始したいものです。ホームページを見るだけでは、細かいところも分かりづらいです。

無料カウンセリングを行っているクリニックがほとんどですので、まずは気になるクリニックをいくつか回って直接話を聞いて比較してみることをオススメします。

費用を詳しく確認|金額だけでなくコスパやサポート内容も

各クリニックの治療費用を比較することはもちろんです。しかし、表面的な金額だけではなく、具体的なサポート内容やコストパフォーマンスにも着目してみることが大切です

費用満足度が高いクリニックを探すためのポイントは、次の2点です。

  1. 初回カウンセリング料が無料のクリニックを選ぶこと
  2. ジェネリック医薬品の有無を確認すること

AGA治療を行うにあたっての初期費用として、初回カウンセリングや頭皮・毛髪診断などが挙げられますが、これらを無料で行ってくれるクリニックを選ぶことで、治療の総額を抑えられます。

また、継続的に投薬を受けると薬代もかさむので、価格が安いジェネリック医薬品の取り扱いがあるクリニックを選ぶと良いでしょう。

【注意】AGA治療は高額!でも安価な薬は個人輸入NG

AGAの治療

このように、AGAの治療は、決して安いものではありません。実は、AGA治療薬は、個人輸入した場合とクリニックで処方された場合の費用とを比較すると、個人輸入の場合では半額ほどで手に入れることができます。

これだけ価格を抑えられるのであれば、個人輸入を検討する方も多いかもしれません。とは言え、薬を個人輸入することはオススメできません。

なぜなら、個人輸入をする際には、その薬の「安全性」と「信頼性」が著しく劣るからです。クリニックで処方される治療薬は、正規ルートで製造・販売されている薬です。

しかし、個人輸入した場合、その薬の品質や保管状況に関する被害は全て自己責任で、ひどい場合は偽薬である可能性もあります。できる範囲のコストを抑える方法は手を尽くしつつ、薬の入手に関しては正規ルートをたどる方が無難でしょう。

まとめ|控除や保険適用について知ることが大切!

医療費

いかがでしたでしょうか。以上が薄毛対策のAGA治療の医療費控除や保険適用について、そして治療費についての解説でした。頭髪は第一印象ですぐに目につくところであり、周囲に与える見た目の印象に大きな影響を与えます。

そのため、多少の医療費を支払っても治療を選択する方も多いでしょう。医療費控除など使える制度はしっかり活用することと複数のクリニックを比較検討が大切。コストパフォーマンスやサポート体制に優れたクリニックを選んで治療を始めることをオススメします。

薄毛治療は、忍耐力が必要な継続的な治療です。薄毛に悩む皆さんが、親身に相談に乗ってくれてアドバイスをくれる医師や、サービスが充実したクリニックと出会えることをお祈りします。