AGA治療

【経過記録】AGAの治療開始~効果を実感するまで!写真や体験談を紹介!

みなさん初めまして!突然ですが私は10年ほど前からAGA治療を続けています。社会人となった22歳の頃から、仕事のストレスも相まってすごいスピードで薄毛が進行してきました。当時は他の人と比べても老けて見えるし、毎日鏡を見るのも嫌でした。

それがあるときAGA治療というものを知り、診察してもらい実際に薬を服用することでみるみるうちに改善していきました

今では昔の自分の写真を見て「こんな時もあったなあ」と懐かしくなるくらいです。この記事ではそんな私の体験談を書いていきたいと思います。

AGA治療を始めた理由は?兄に勧められたのがきっかけ

私がAGA治療に行こうと思ったきっかけは、時期で言えば社会人になって2~3年経った頃でした。久しぶりに実家で兄に会ったのですが、そのときに「薄毛って普通に病気なんだから病院に行ってみたら?今AGA治療っていうのがあるらしいよ」と言われたのです。


※写真はAGA治療を始める前のものです。

私は兄のことを尊敬していたし、自分のために言ってくれていることが分かりました。だから素直に言われるがままにそのまま近くのAGA治療を行っている病院に行きました

1か月で効果が!薬の種類や副作用について解説!

薬を服用してから1ヶ月ほど経った後で目に見えて効果が出始め、薄くなってきていた前髪の生え際から明らかに多くの毛髪が生えてきていました。私は元々、前髪から薄くなっていっているタイプでしたし、父親は横と後ろの髪の毛以外が禿げていました


※写真は治療初期のものです。

「自分も将来そういう風になっていくんだろうな」と思っていたのですが、AGA治療を行ったおかげでその予想はいい意味で裏切られたのです。

薬の種類とその効果は?塗り薬よりも飲み薬の方が効果はある

私がまず処方されたものがプロペシアという飲み薬で、これを1日1錠飲んでいました。プロペシアとセットで頭皮に塗る薬も使っていたのですが、正直今は名前も覚えていません。何故ならある理由があって最初の1~3ヶ月しか使っていなかったからです。

使わなかった理由としては、病院で薬を処方されるときに「塗り薬もお付けしますか?」と聞かれたことです。その際に「え、塗り薬は使わなくてもいいんですか?」と聞くと、「薄毛治療の効果促進には使った方がいいけど、基本的に飲み薬の方が効果はあります」と言われたのです。

薬代も結構高かったので「なーんだ、じゃあいいや」と思って止めました。塗り薬を止めたあとでも効果が落ちたと実感したことはなく、着実に薄毛は改善されていきました

2015年からはプロペシアのジェネリック薬であるフィナステリドが発売されたのでそれに切り替えました。その結果、効果は全く変わっておらず費用だけが安くなったので単純に嬉しかったです。

薬の副作用はあまり実感せず

プロペシアのよく聞く副作用として「性欲が落ちる」というものがあったのですが、私の場合それは感じられませんでした

また、勃起不全などの物理的な男性機能の症状もみられませんでしたね。体毛が薄くなるという副作用もあるようなのですが私の場合はそれも感じられませんでした。

 

【費用】薬にかかる費用は高い?昔に比べると半額以下に

【費用】薬にかかる費用は高い?昔に比べると半額以下に

私がプロペシアを処方された当時(2010年頃)払っていたお金は1ヶ月分で8000円くらいでした。ただジェネリックのフィナステリドになってからは1ヶ月分で4000円とかなり安くなっています。1日分で換算すれば130円くらいなので毎日缶コーヒー1本分、お菓子1袋分です。

タバコを吸う人なら一箱500円なのでタバコよりも断然安いと言えますね。自分の見た目が変われば自信がつき、その結果として仕事が上手くいくようになり以前よりも稼げるようになるという実験結果もあります。つまり、自己投資と考えればAGA治療にかけるお金は全く高いとは思いません

途中で薬を止めたらどうなる?効果が止まるので飲み続ける必要あり

結論から言って、薬を飲まなくなるとまた髪の毛が抜けて薄くなってきます。ただ、もう一度飲み始めると、また抜け毛が少なくなって髪の毛が増えていきます。実は私も自己投資とは言っても単純にひと月に4000~6000円の支出はキツいと思った時期もあります。

その結果、薬を節約するために服用するのを2日に1回にしたり、時には完全に止めてみたりしたことがあります(オススメ出来ませんのでやらないでくださいね)。

そうするとどうなるか?もちろん、髪の毛がまた薄くなってきたんです。そこで初めて「これはやばい」と危機感をおぼえたのでもう一度ちゃんと1日1錠服用し始めると、その後はまた髪の毛が増えてきました

クリニックの雰囲気は?とてもナチュラルで恥ずかしさも特になし

クリニックの雰囲気は?とてもナチュラルで恥ずかしさも特になし

これはちょっとした面白い体験談になるのですが、クリニックの雰囲気を知るにはいいと思います。

あるとき、診察が終わって薬を処方してもらってから帰る際にスタッフの人から「お気を付けて」と言われました。病院だったら普通は「お大事に」なので私は少し違和感がありました。

いくら病気とはいえAGAは命に関わるような病気でもないし、人によってはナイーブな問題です。だからスタッフが「お大事に」と言うよりは「お気を付けて」という言い方に変えていたんだと思います。つまりそれくらいスタッフは患者に配慮してくれているってことなんですね。

ただそれだけではなく、複数の病院やクリニックに行ったことのある私の実感ではスタッフの方々はとてもナチュラルに接してくれる印象です。意外と女性のスタッフも多いのですが、全然恥ずかしい気持ちにはならなかったですね。

AGA治療は意外と身近な知り合いや著名人もやっている

私は以前会社員をしていましたが、今は音楽関係の仕事をしています。仕事上で知り合う人もミュージシャンの方が多いのですが、あるドラマーの方がAGA治療をやっていると聞いてかなり驚きました。

理由は、その方は治療したのが全くわからないくらいフサフサだったのと、ミュージシャンという容姿にも重きが置かれる仕事についている方でもAGA治療をしているという事実にビックリしたからです。

芸能人で言えばナインティナインの岡村さんやフットボールアワーの岩尾さんがAGA治療を行ったらしいですね。写真や動画などで昔と比べるとかなり髪の毛が多くなっているのがわかります。

友人に勧めた結果どうなった?先入観のせいで断られるも

効果が出てから7~8年が経って「もう自分が薄毛でないことが普通になっている」そんな時期に地元で中学校の同窓会がありました。

当時から20年近く経っていましたが、友人はみんな当時の面影が残っていて「変わらないなあ」と思っていました。ですが、遅れて来たA君を見て私だけでなく周りのみんなも驚愕しました。

当時の顔はそのままなのですが、頭髪だけが見事に少なくなっていたのです。しかもその子のキャラ的に周りのみんながそのことに触れられないのでとても変な空気になっていました…

私はその子とは中学校時代に仲が良かったので思いきってAGA治療を勧めてみました。同窓会が終わってからLINEでその旨を伝えると、「自分はもう諦めているし死ぬまでこれでいいよ」と言われました。

もったいない!と私は思いました。たしかに薬代は少し高いですが、それでも普通に仕事をしていれば余裕を持って毎月払えるくらいです。副作用が辛いわけでもないし、ただ毎日薬を飲むだけで髪が生えてくるんだから絶対やった方がいい、と思いましたね。

今思うと、その友達からすれば私は「あやしい勧誘」と思われたのかもしれません。でもそういう先入観がある人はいつまでたっても改善されないです。

私もしつこく勧めるのもそれこそますます怪しく思われるし、その友達との関係も悪くなると思ったのでそれ以上は勧めませんでした。

薬の治療を始めて2年半!現在の写真を公開!

治療を始めて2年以上たった今では、写真の通り髪がふさふさになりました

今では頭髪に自身をもって生活できるようになりました!あのときに、兄に勧めてもらってホントに感謝しています。

これからもクリニックに通いAGA治療を続けて、この頭髪を維持していけたらいいなと思っています。

まとめ|「ハゲ」は治る、治せる時代

まとめ「ハゲ」は治る、治せる時代

私が治療を始めた当時を振り返って良かったと思うことは「AGA治療のことをほとんど知らなかった」ということです。

もし中途半端に知っていたら、「うさんくさいなあ」とか「どうせハゲは直らないでしょ」と先入観をもってみていたと思います。

ただ私の場合は何の前情報もなくAGA治療を兄から勧められたので「あ、そんなのがあるんだ。じゃあ行ってみようかな」と抵抗なく行けたのだと思います。

そこが大事なんです!薄毛で悩んでおられる方はあらゆる先入観や不安は一旦置いておき、騙されたと思ってまずはAGA治療に行ってみて下さい。

昨今はAGA治療をしている病院も増えましたし、AGA治療専門のクリニックもたくさんあります。まずは思い切って無心で行動することできっとあなたを悩ませる原因がなくなるはずですよ!