髭剃り

おすすめのシェービングフォーム7選!失敗しない選び方や種類を徹底解説!

髭を剃る時には必須のシェービングフォーム。男性なら1度は使ったことがあるのではないでしょうか。シェービングフォームは髭を剃る時に肌を守ってくれたり、髭を柔らかくして剃りやすくしてくれます

ただ形状や成分をひとつずつ見て、自分に合うものを探すのは大変ですよね。そこで今回は髭剃りに必須のシェービングフォームについて、編集部がおすすめする7つを紹介します。

失敗しない選び方もお伝えするので、自分に合うシェービングフォームを選べるようになりますよ!

髭剃りの必須アイテム!はじめにタイプを紹介

髭剃りの必須アイテム!はじめにタイプを紹介

シェービングフォームは、髭剃りに必須のアイテムです。形状が色々あるので、タイプ別に特徴を紹介します。

フォームタイプ
  • クリーミーな泡状のタイプ
  • すぐ肌が赤くなる敏感肌の人も使いやすい
ジェルタイプ
  • 透明なジェル状のタイプ
  • 鏡を見て確認しながら剃れるので、剃り残しをしにくい
ジェルフォームタイプ
  • 塗った直後は肌に密着するジェル状で、時間が経つと泡に変わる
  • 剃りやすいので、髭の濃い人や髭を深く剃りたい人のおすすめ
  • 多くの人が使っている
ソープタイプ
  • 石鹸状のタイプ
  • 粉末状や固形状のものがあり、一度お湯に混ぜてから使う
  • ソープタイプは肌に優しいものが多く、肌の弱い人にもおすすめ
  • ただし手間がかかるので、最近ではほとんど見かけない

シェービングフォームの効果って?カミソリ負け対策に

シェービングフォームの効果って?カミソリ負け対策に

シェービングフォームにはどのような効果があるのでしょうか。

  1. 柔らかい泡で肌を包み、カミソリの刃の刺激から守る
  2. 硬い髭を柔らかくし、剃りやすくする

上記の2つのメリットがあり、カミソリ負け対策になります。石鹸や洗顔料を泡立てて、髭剃りをしている人もいるかもしれませんが、石鹸や洗顔料は、カミソリの刃の切れ味を悪くしやすく、肌を刺激します。

髭剃りには、石鹸や洗顔料ではなく、シェービングフォームを使いましょう。ではシェービングフォームの効果を詳しく解説します。

柔らかい泡で刃の刺激を防ぐ!敏感肌の人も安心

カミソリを使うとどうしても肌の角質を削り、肌にダメージを与えます。シェービングフォームは、柔らかい泡で肌を包み込むことで、肌と刃が直接触れることを防ぎ、刺激を軽減します。肌荒れしやすい敏感肌の人も安心です。

髭剃りは毎日のことになるので、肌の負担を軽くしていかないと、慢性的なカミソリ負けの状態になります。なぜ男性はカミソリ負けするのでしょうか。

男性がカミソリ負けしやすい理由として、肌の水分量が関係しています。男性の肌は女性より20%ほど水分が少ないといわれ、水分量が多いほど刺激に強い肌といわれます。肌の水分量が少ない男性は、どうしてもカミソリ負けしやすいのです。

自分に合ったシェービングフォームを使い、カミソリ負けを予防しましょう。

硬い髭を柔らかく!滑らかで剃りやすくなる◎

髭は硬いため、なんの準備もせずにいきなり剃ると、肌を傷めてしまう可能性があります。シェービングフォームは硬い髭を柔らかくしてくれ、滑らかに剃れるようになります。口周りやもみあげなど毛の硬いところから塗るのがいいですよ。

シェービングフォームはまんべんなく塗り、塗った後は浸透させるために数分間、時間をおきましょう。ただ敏感肌の人は、時間をおきすぎると肌が荒れやすくなるため、注意してください。

剃る時に力を入れるとカミソリ負けしやすくなります。シェービングフォームの上を軽く滑らせるように剃りましょう。同じ場所を何度も剃るのも要注意。シェービングフォームが削り取られたところを何度も往復すると、肌を傷めてしまいます。

シェービングフォームの選び方3つのポイント

シェービングフォームの選び方3つのポイント

シェービングフォームの選び方には3つのポイントがあります。

  1. 泡のキープ力や香りなどの使い心地
  2. 肌質に合わせて成分をチェック
  3. 洗顔料としても使えるとお得

泡はもっちりとして垂れにくいものが剃りやすいです。メントールが入っているとスーッとした清涼感がありますが、肌への刺激になる場合もあり、肌が弱い人は避けた方が安心です。洗顔料としても使えるフォームを選ぶと、コスパもいいですね。

ではそれぞれのポイントについて詳しく解説します。

① 使い心地|泡のキープ力に注目!香りも大切

優しい使用感がいい人や敏感肌の人はフォームタイプがおすすめです。弾力のある泡がしっかりと肌を守ります。

深剃りしたい人には、ジェルフォームタイプがおすすめです。ジェルを肌に馴染ませると、だんだんと泡に変化します。髭にジェルが密着するので髭が柔らかくなり、髭剃りがスムーズです。

どのタイプでも、泡が硬めのものを選ぶようにしましょう。泡が流れたり崩れたりしにくく、肌への刺激を抑えます。

髭剃りは毎日のことなので、香りも気にして選んでください。合わない香りだと鼻からダイレクトに香るので気分が悪くなってしまうことも。シェービングフォームは無香料のものが少ないので香りが苦手な人は、微香タイプのものを選びましょう。

② 成分|肌質に合わせて!保湿・薬用・抗炎症など

肌質に合わせて成分をチェックしましょう。肌が乾燥しやすい人は保湿成分が多く入ったものが最適です。ヒアルロン酸やアロエベラなどの、保湿成分が入っているかどうかを確認してください。

肌が弱い人は薬用成分や抗炎症成分の入っているものがおすすめです。薬用成分が髭剃り後の肌荒れやカサつきを防ぎ、肌をすこやかに保てるように整えてくれます。

ニキビができやすい肌質の人は、殺菌効果の高い成分が入ったタイプを選びましょう。髭剃り後に、きちんとシェービングフォームを洗い流し、肌に残らないようにするのもニキビ予防に繋がります。

睡眠不足や、秋冬の乾燥しやすい季節によっても肌の状態は変わります。肌の様子を見ながら使い分けるのもいいですね。

③ コスパ|洗顔料としても使えるタイプもおすすめ!

シェービングフォームと洗顔料、別々に用意するのは面倒くさいですよね。それぞれにお金をかけると費用も倍になり、2度洗うことで肌がつっぱり、乾燥しやすくなる人もいます。

洗顔も髭剃りもいっぺんに済ませたいという人は、シェービングフォームと洗顔料が1本で済むタイプを選ぶようにしましょう。

1本で済ませるとバスルームや洗面所がスッキリと片付き、洗い流せば終わりなので支度の時短にもなります。特に忙しい朝は、1本で済ませる方が断然楽ですよ!

ただ、シェービングフォーム単体より、泡は緩めのことが多いようです。髭が濃い人や深剃りしたい人は、剃り心地を確かめながら使ってくださいね。

シェービングフォームは毎日使うものなので、コスパも検討しましょう。

【最新版】おすすめのシェービングフォーム7選

【最新版】おすすめのシェービングフォーム7選

シェービングフォームの選び方がわかっても、自分に合うものがなかなかわからないという人もいるかもしれません。ただ合うものを選ばないと、カミソリ負けになりやすく悩ましいですよね。

そこでおすすめのシェービングフォームをランキング形式でご紹介します。

ランキング 商品名 金額 特徴
1位 シック
薬用シェーブガード
418円 肌をしっかり保護して敏感肌をしっかり守る
2位 ニベアメン
シェービングフォームスムース
345円 低刺激処方を探している人におすすめ
3位 サクセス
薬用シェービングフォーム
495円 逆剃り・深剃りOK!コスパもいい
4位 シック
ハイドロ フェイスウォッシュ
422円 1本でシェービングも洗顔もOK
5位 GATSBY
シェービングフォーム
324円 メントール配合でスッキリ爽快
6位 ジレット
シェービングフォーム ピュア&センシティブ
309円 無香料・無着色で肌に優しい
7位 シック
ハイドロ シェービングジェルフォーム
448円 深剃りしたい人におすすめのジェルフォームタイプ

※金額はサイトや時期により異なります

シェービングフォームの成分や香りといった特徴以外に、使っている人の口コミも載せたので、比較しやすくなっています。

自分の肌質に合うシェービングフォームを見つけて、カミソリ負けのないキレイな肌を目指しましょう!

1位 シック 薬用シェーブガード

シック薬用シェーブガードは、配合されている2種類の薬用成分により肌をしっかりと保護します。髭が柔らかくなり、カミソリが引っかかることなくスムーズに剃れるので、肌へのダメージが少なくヒリヒリしません。

フレッシュライムの香りで匂いも爽やか、洗い上がりもさっぱりしています。

タイガ
タイガ
泡持ちがよく肌をしっかり保護してくれるのに、お湯で流せばサラっと溶け落ちてくれて使用感はとてもいいです。匂いはキツイものではなく、ほとんど気になりませんし、量もたっぷり入っており、かなり長持ちするので経済的にもありがたいです。
タイプ フォームタイプ
内容量 200g
費用 418円
成分 2種の薬用成分配合で敏感肌を守る
香り フレッシュライムの香り
洗顔料として使えるか 使えない

シック薬用シェーブガードのご購入はこちら

2位 ニベアメン シェービングフォーム スムース

分厚い泡で、髭をやわらかくして剃りやすくする、ニベアメンのシェービングフォーム スムース。泡はもっちりとして崩れにくく、男性の硬い髭を柔らかくして、剃りやすさをしっかりとサポートします。

ノンアルコール・ノンメントールの低刺激処方が魅力です。グリセリン・カミツレ花エキスといった潤い成分が配合され、カミソリで傷つきやすい肌をいたわってくれるので、肌が弱い人や敏感肌の人におすすめです。

ハヤト
ハヤト
スースーしない低刺激のものが、なかなか見つからずにいたので助かってます!泡もかなりモチモチ。匂いがダメという人も多いようですが、個人的にはメンズ化粧品っぽくてむしろ好きです。ニベアメンのクリーム缶と同じ香りです。
タイプ フォームタイプ
内容量 195g
費用 345円
成分
  • ノンメントール・ノンアルコール
  • グリセリン・カミツレ花エキスなどの保湿成分配合
  • 低刺激処方
香り
洗顔料として使えるか 使えない

ニベアメン シェービングフォーム スムースの
ご購入はこちら

3位 サクセス 薬用シェービングフォーム

サクセスの薬用シェービングフォームは、逆剃り・深剃りしても肌にダメージを与えにくいところが魅力です。天然海藻エッセンス配合で、ミクロの濃厚泡が保護膜を作り、カミソリのすべりをよくします。2度3度と剃っても肌を守りますよ!

高密度な泡とたっぷりの水分が、男性の硬い髭を柔らかくし、頑固な髭の深剃りもOK。抗炎症剤配合で、カミソリ負けを防ぎます。

ジン
ジン
もともと肌が弱いのに髭は剛毛とたちの悪い毛質なのですが、これを使えば繰り返し剃ったり、逆剃りしてもヒリヒリ感がほとんどなく、肌荒れもありません。伸びもよく1回の使用量が少量で済むので、他の商品に比べて、2倍は長持ちする気がします。
タイプ フォームタイプ
内容量 250g
費用 495円
成分
  • グリチルリチン酸ジカリウム
  • 低刺激処方
香り フレッシュハーブ
洗顔料として使えるか 使えない

サクセス 薬用シェービングフォームのご購入はこちら

4位 シック ハイドロ フェイスウォッシュ

シック ハイドロフェイスウォッシュは、1本でシェービングも洗顔もできる優れもの。スーパーヒアルロン酸(アセチルヒアルロン酸Na)という保湿剤が配合され、もっちりとした泡が肌に密着することで、なめらかに髭を剃ることができます

さらにスーパーヒアルロン酸は、皮脂汚れをしっかりと落とすので、男性の洗顔料としても適しています。

タケル
タケル
洗顔とシェービングを一気に出来るので、手間が省けます。シェービング後には保湿もされていて、とてもいい商品だと思います。洗顔できるタイプなのでちょっと泡は柔らかめです。シェービングも洗顔も1本で済ませたいという人におすすめです。
タイプ フォームタイプ
内容量 250ml
費用 422円
成分 スーパーヒアルロン酸(アセチルヒアルロン酸Na)
香り
洗顔料として使えるか 使用可能

シック ハイドロ フェイスウォッシュのご購入はこちら

5位 GATSBY シェービングフォーム

GATSBY シェービングフォームは、クールな使用感の爽快シェービングフォームです。クリーミなー濃密泡で、根元から髭を柔らかくし、逆剃り・深剃りもスムーズに行えます

ヒリヒリ感やカミソリ負けを防ぐための保湿成分、カミツレエキスが配合され、肌をしっかりと守ってくれます。

メントール配合なので、爽快感は抜群です。クール感持続成分も配合されているので、長時間スーッとした使用感が続きます。

ダイチ
ダイチ
剃りあがり後のスッキリ爽快感がたまらない、メントール系のシェービングフォームです。シトラス系の香りがします。泡はしっかりしていて垂れてこないので、使いやすいですよ。容器もは細長く、洗面台のポケットに置きやすいのも◯
タイプ フォームタイプ
内容量 190g
費用 324円
成分
  • 保湿成分カミツレエキス配合
  • メントール配合
香り フレッシュシトラス
洗顔料として使えるか 使えない

GATSBY シェービングフォームのご購入はこちら

6位 ジレット シェービングフォーム ピュア&センシティブ

ジレット シェービングフォーム  ピュア&センシティブは、微香性、無着色の肌に優しいシェービングフォームです。弾力のある泡は肌から垂れることがなく、しっかりと肌になじみ、ふわふわで気持ちがいいですよ。

泡の伸びがよく、剃り残しなくシェービングできます。さらにアロエベラなどの保湿成分により、髭剃り後はしっとりとした肌になり、カミソリ負けや肌のヒリヒリした感じもありません。

リンタロウ
リンタロウ
泡がかなり細かく、クリーミーに泡立ちます。肌を守りながら、快適に剃れている感じがしますね。コスパがよく、気付いたら半年以上も使っていました。香りも気にならないので使い続けようと思います。肌に優しいものを探している人におすすめしたいです。
タイプ フォームタイプ
内容量 245g
費用 309円
成分 ラベンダー油、ユーカリ油、アロエベラ液汁末
香り 無香料
洗顔料として使えるか 使えない

ジレット シェービングフォーム
ピュア&センシティブのご購入はこちら

7位 シック ハイドロ シェービングジェルフォーム

シックのハイドロ シェービングジェルフォームは、始めはジェルが髭に密着・浸透し、肌に刷り込むことでフォームタイプに変わります。ジェルにより髭を根元から潤わせ、しっかりと剃れます。

2種類のヒアルロン酸成分が配合され、肌本来の水分量を保ち、シェービングの仕上がりもしっとりすべすべに。しっかり深剃りしたい人におすすめです。

リュウノスケ
リュウノスケ
髭が固いので、カミソリが引っかかって剃りにくい体質です。ジェルを利用しても、引っかかあることがあり困っていました。ハイドロ シェービングジェルフォームを利用すると、髭に引っかかることなく綺麗に剃れます。いいです。
タイプ ジェルフォームタイプ
内容量 199g
費用 448円
成分 2種類のヒアルロン酸(うるおい成分)配合
香り
洗顔料として使えるか 使えない

シック ハイドロ シェービングジェルフォームの
ご購入はこちら

【必読】シェービングフォームの正しい使い方

【必読】シェービングフォームの正しい使い方

カミソリ負けを頻繁にする人は、正しい髭剃りの仕方を一緒に確認しましょう。

  1. 髭を湿らせて剃りやすくする
  2. しっかりと泡立てたシェービングフォームを塗る
  3. カミソリの刃が古くなったり磨耗していないかをチェック
  4. 軽く、優しく髭を剃る。まずは順剃りから。
  5. 刃を頻繁にすすぐ
  6. 順剃り後は、逆剃りを。最初から逆剃りすると肌を傷めます。
  7. 剃り切れていない髭は、カミソリを持っていない方の手で皮膚を引き上げながら剃る
  8. シェービングフォームを流したら、スキンケアをしっかりと行う

正しく使うことで、肌荒れを防ぎながらきれいに剃ることができます。スキンケアとして抑毛ローションを使うこともおすすめですよ!

まとめ|カミソリ負けを卒業しよう!

まとめ|カミソリ負けを卒業しよう!

髭剃りは毎日のことなので、一度、ヒリヒリしたりカミソリ負けしたりすると、なかなか治りません。今回の記事を参考に、自分に合うシェービングフォームをぜひ探してみてください。

シェービングフォームと一口に言っても、形状や特徴などは商品によってさまざまです。敏感肌の人は低刺激処方のものを、爽快感を求める人はメントール配合のものを選ぶといいですね。

意外と疎かにしがちなのは、カミソリの刃の交換です。切れ味の悪くなったカミソリを使っていると、シェービングフォームが合っていても肌を傷つける原因になります。カミソリの刃は定期的にチェックして交換するようにしてください。

シェービングフォームとカミソリの見直しで、カミソリ負けを卒業しましょう!