AGA治療薬

AGA治療の新薬「ザガーロ」とは?従来のAGA治療薬との違いは?費用・効果・副作用まで徹底解説!

薄毛治療は年々研究が進んでおり、新たな治療法や薬の開発が続々となされています。そんな薄毛治療において、「ザガーロ」という新薬がAGAの治療薬として広く活用が進んでいます。

ザガーロは、2015年に日本で新たに認可された新薬です。この記事では、薄毛に悩み、新たなAGA治療に関する情報を集めている方に向けて、新薬「ザガーロ」の情報をまとめてみました。

従来のAGA治療薬との違いや、費用、効果、そして副作用に至るまで徹底的に解説していきます。

ザガーロとは?2015年に認可!最も新しいAGA治療薬

最も新しいAGA治療薬

AGAの治療薬は、次々と新しいものが開発、導入されています。ザガーロは、そんなAGA治療における最も新しい薬で、イギリスに本社を置くグラクソ・スミスクライン株式会社が開発したAGA治療薬です。

日本では2015年に厚生労働省から認可を受け、2016年から販売が開始されました。「デュタステリド」を有効成分とし、「フィナステリド」を有効成分とするプロペシアに次ぐ第二のAGA治療薬です。

ザガーロは、AGAの原因の一つと考えられる「ジヒドロテストステロン(DHT)」という、男性ホルモンの産生を阻害します。ジヒドロテストステロンは、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結びつき、髪の毛の成長サイクルに悪影響を及ぼします。

ザガーロを服用することで、ヘアサイクルを正常に近づけ、発毛促進が期待できるというわけです。

今までのAGAの治療薬は?代表的な治療薬を紹介!

代表的な治療薬を紹介!

それでは、新薬「ザガーロ」が製造・販売されるまでは、AGAの治療薬にはどのようなものがあったのでしょうか。

AGAの治療薬の種類は多種多様ですが、代表的な治療薬としては次の3つが挙げられます。

ミノキシジル
  • 世界で初めてAGAの治療薬として認可を受けた
  • 発毛や育毛を促す
プロペシア
  • 日本国内で初めて製造・販売の認可を受けた
  • 脱毛や薄毛の進行を防ぐ
フィナステリド
  • プロペシアのジェネリック薬
  • 脱毛や薄毛の進行を防ぐ

それでは、以下で順に詳しく説明していきましょう。

【ミノキシジル】世界で初認可!発毛・育毛を促す治療薬

ミノキシジル」は、年齢を重ねるごとに目立つ薄毛に対して、「発毛」と「抜け毛の進行抑制」の両面の効果が認められています。

1988年にアメリカで厳密な臨床試験を経て有用性が確認され、以後医薬品としての発毛剤が誕生しました。これまでに、世界90か国以上で承認され使用されている、世界で初めて認可を受けたAGAの治療薬です。

「ミノキシジル」は薬の名前ではなく、実は成分の名称です。高血圧症の治療薬としてアメリカで使用され始めましたが、治療中の患者に毛が増えた例が多く、発毛への効果が認められました。日本では未承認ですが、内服薬の「ミノタブレット」はクリニックで処方が可能です。

また、発毛剤としてミノキシジル配合の治療薬が医薬品として承認されました。使い方としては、成人が1日2回、1mlずつ頭皮に塗布することで効果が表れます。

【プロペシア】国内で初認可!脱毛・薄毛の進行を防ぐ薬

プロペシア」とは、アメリカのメルク社が開発したAGAの治療薬です。現在世界60か国以上で承認されています。日本でも2005年から国内で販売開始されています。

円形でピンク色のかなり小さい錠剤です。もともとは前立腺肥大症の治療薬として開発が始まったものでした。しかし、臨床試験を継続している中で、抜け毛の減少や増毛の効果があることが報告され、のちにAGA治療薬として認可申請されるようになったのです。

プロペシアの効果を実感できるようになるまでには、3~6か月ほど継続的に連日投与することが必要です。3か月ほどで効果が出る場合もありますが、その場合でも6か月以上投与することが必要です。

【フィナステリド】より手軽に!ジェネリック医薬品が登場

フィナステリド」も、アメリカのメルク社が開発した、AGAの治療薬です。先述のプロペシアのジェネリック医薬品で、より手軽に手に入れることができる治療薬です。

ジェネリック医薬品とは、先発薬と同等の有効成分を含んだ後発薬のことを言います。莫大な研究・開発費がかかっている先発薬と比べて、すでに安全性・有効性が確認されているため、短い期間での開発が可能であり、研究開発費が圧倒的に安く済みます。

そのため、同等の効果が期待できるにも関わらず、安価に手に入れられるのです。こちらも、1日1回服用する錠剤タイプです。

【必見】他の薬とココが違う!サガーロの3つの効果

サガーロの3つの効果

それでは、新薬である「ザガーロ」は、これまで説明してきた代表的なの治療薬と何が異なるのでしょうか。

ザガーロでは、以下の3つの効果が期待できます。

  1. 様々な薄毛パターンに効果がある
  2. 効果の持続性が従来の治療薬より期待できる
  3. プロペシアの1.6倍の発毛効果がある

次から一つずつ、詳しく解説していきましょう。

①AGAの原因酵素の働きを阻害!Ⅰ型・Ⅱ型の両方に作用◎

新薬であるザガーロは、何よりもその効果の高さが評価されています。それでは、なぜ従来のAGA治療薬よりも高い効果が発揮できるのでしょうか。

AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を促す、酵素の5α‐リダクターゼについて違いがあります。

  • プロペシア(フィナステリド)
    ⇒ 「Ⅱ型5α‐リダクターゼ」のみに作用
  • ザガーロ
    ⇒ 「Ⅰ型5α‐リダクターゼ」、「Ⅱ型5α‐リダクターゼ」どちらにも作用

Ⅰ型5α‐リダクターゼは側頭部や後頭部に、Ⅱ型5α‐リダクターゼは前頭部や生え際のAGAの原因になると言わています。ザガーロは、どの薄毛パターンにも作用するので従来のAGA治療薬よりも効果が高いのです。

従来のAGAの治療薬で思うような効果が出なかった方は、ザガーロも試してみる価値があると思われます。気になった方は、通院されているクリニックで相談してみると良いでしょう。

②主成分デュタステリドの半減期が長い⇒効果の持続が期待

ザガーロの有効成分であるデュタステリドは、一般的な内服薬と比較して、半減期が長いという特徴があります。

半減期とは、体内に摂取された薬剤の成分の血中濃度が半分になるまでに要する時間のことを言います。つまり、半減期が長い薬ほど、成分が体内で分解されにくいため、効果が長く続く特徴があります。

一般的な鎮痛剤などの半減期は8時間前後と言われています。一方、ザガーロの主成分であるデュタステリドの半減期は3~5週間と圧倒的に長いのです。

半減期が長い薬は、一度服用すると効き目が長く持つので、ザガーロも1日1回の服用で十分高い効果が期待できます。薄毛に有効な成分が長く体内にとどまり、増毛・育毛効果が長続きするのです。

③プロペシアに比べて1.6倍の発毛効果が!毛髪も太くなる

新薬であるザガーロは、従来のAGA治療薬の代表であるプロペシアやジェネリック医薬品であるフィナステリドと比べて、発毛・育毛効果がおよそ1.6倍に改善しています。

従来のAGA治療薬よりも幅広いタイプの薄毛に効果が期待できるだけでなく、しっかりと太い毛髪が手に入ると言われています。

従来のAGA治療薬では思うような効果が出なかったという方でも、ザガーロを試してみたら薄毛が改善された例もあります。ただし、次項でも触れますが、コストの面や副作用など気になる点もあります。相対的に比較した上で服用を検討してみて下さい。

知っておきたい!ザガーロの費用や効果までの期間

ザガーロの費用や効果までの期間

このように、従来のAGA治療薬よりも優れた特徴を有するザガーロですが、実際に服用した際の費用や効果が出るまでの期間はどうなのでしょうか。

気になる以下の疑問について解決していきましょう!

  • 1ヶ月あたりの費用は?
  • 他の治療薬に比べて高い?安い?
  • 安く手に入れる方法はある?
  • どのくらい飲み続けるの?
  • 効果が実感できるのは何ヶ月後?

費用|1ヶ月あたり【9,000円】が相場!クリニックで処方

ザガーロを服用する場合の具体的な費用について説明していきましょう。

ザガーロも保険の適用はないため、薬の価格は各クリニックによって自由に定められます。平均的な相場で言えば、1ヶ月あたり9000円ほどです。この価格は、従来のAGA治療薬の代表であるプロペシアと比較すると、1.5倍ほど高くなっています。

仮に個人輸入をした場合は、クリニックで処方される価格より安価に手に入れることができます。しかし、個人輸入をした場合の健康被害等は全て自己責任となります。正規ルートをたどっていない薬は、保管状況が劣悪だったり、場合によっては偽薬である可能性もあります。

そのため、ザガーロを試してみたい方は、多少コストパフォーマンスが劣っても、クリニックで処方してもらう方が安心でしょう。

期間|毎日1錠!最低でも6ヶ月間の継続服用が必要!

ザガーロは半減期が長いため、服用については1日1回、カプセル状の錠剤を1錠服用することになります。

その育毛・増毛効果の高さから、人によっては数か月で目に見えて効果を実感できる場合も少なくないようです。

しかし、そこで服用を止めてしまうと、せっかくの効果が消失してしまいます。少なくとも6ヶ月間は継続的に服用することが必要で、それ以降は医師と相談し継続するか、一度服用を止めて様子を見るか選択できます。

効果が出てきたからと言って途中で服用の頻度を減らしたりを服用止めたりせず、まずは6ヶ月間は継続服用を頑張りましょう。

【必読】他のAGA治療薬より副作用の可能性が高い!

他のAGA治療薬より副作用の可能性が高い!

ここまでは、新薬ザガーロの良い点について言及してまいりました。

しかし、これだけ強力な効果が期待できるということは、当然デメリットもあります。副作用についてです。

従来のAGA治療薬も副作用はありますが、ザガーロでは副作用の発生可能性がより高くなるという報告があります。ある報告の中では、従来のAGA治療薬の代表であるプロペシアの副作用発生確率が4.3%であるのに対し、ザガーロは11.7%と、3倍近い多さとなっています。

では、具体的な副作用や、安全に服用するための大切なことを解説していきます。

代表的なものは【勃起不全・性欲減退・精液量の減少】など

ザガーロによる副作用で代表的なものは、以下のように挙げられます。

  • 勃起不全
  • 性欲減退
  • 精液量の減少

なぜ男性機能に関わる副作用がみられるのでしょうか。

まず、AGAの原因となるジヒドロテストステロン(DHT)は、性欲・勃起・男性生殖器の発達などにも影響する男性ホルモンです。

ザガーロの主成分であるデュタステリドは、男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」を作り出すための原因酵素である「5α‐リダクターゼのⅠ型・Ⅱ型」の両方を阻害します。

そのため、副作用として勃起不全や性欲の減退、精液量の減少による射精障害などといったものが目立つのです。

ちなみに発症するケースはかなり稀ですが、重大な副作用としては、肝機能障害のほか、皮膚や眼球などが黄色く染まる黄疸という症状も挙げられます。

医師の指示に従って【服用方法・服用量を守る】ことが大切

このように、新薬ザガーロは非常に効果的なAGAの治療薬であるという側面を持つ一方で、副作用の発生確率も従来のAGA治療薬より高いという側面もあります。

そのため、自己判断で服用することは大変危険です。個人輸入などはせずに、必ずクリニックで処方してもらう正規ルートで薬を手に入れるようにしましょう。

また、服用方法や服用量も、必ず医師の指示に従うようにしましょう。育毛・増毛効果が出始めたからと言って、自分勝手な判断で最低服用期間である6ヶ月を経過する前に服用を中断してしまっては、十分な効果は期待できません。

また、効果がいまいちだからと言って倍の量を服用したり服用頻度を増やすなどは、身体に危険な影響を及ぼす可能性があるのでやめましょう。

ザガーロを服用する際の注意点と備考

ザガーロを服用する際の注意点と備考
  • 副作用出た場合は、医師に報告・相談する
  • 女性や20歳未満の未成年・子供は服用だけでなく、触れることもNG

ザガーロを服用中には、男性機能への副作用だけでなく、その他にも体がだるい、吐き気や食欲不振などの症状が現れることもあります。もし副作用が出た場合は、様子を見るのではなく、すぐに医師に報告・相談するようにしましょう。

また、女性や20歳未満の未成年・子供は服用してはいけません。カプセルの中の薬剤に触れると、皮膚からも有効成分であるデュタステリドが吸収されてしまいます。妊娠中の女性では、胎児の生殖器官などの発達に影響を及ぼす可能性があるので十分注意してください。

もしも触れてしまった場合は、すぐに石けんと水で洗い流して下さい。服用する場合は噛んだりカプセルを開けたりせずに服用して下さい。カプセルの内容物は、口内やのどの粘膜を刺激する場合があります。

まとめ|ザガーロについて理解した上で処方・服用を!

ザガーロについて理解した上で処方・服用を

以上が、AGAの治療に高い効果が期待できる新薬ザガーロについての解説でした。

ザガーロは脱毛の原因酵素の働きを阻害し、その効果の高さは国内外の臨床試験でも認められています。人によっては短期間で育毛・増毛効果を感じることもできます。

しかし、従来のAGA治療薬と同様に少なくとも6ヶ月間以上の継続的な服用が必要であること、そして1か月9000円ほどの薬代がかかるなど、コストも相対的に高くかかってきます。また、男性機能への副作用の可能性もあります。

ザガーロの効果だけでなく、費用や副作用などのポイントも理解することが大切です。まずはクリニックへ相談して、納得した上で処方・服用しましょう!